« 「木馬亭」11月定席 07年11月3日(土) | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」07年11月10日(土) »

2007.11.11

「第31回 神田松鯉の会」07年11月9日(金)

07年11月9日(金)18時開演 「第31回 神田松鯉の会」 日本橋 お江戸日本橋亭

 落語に行こうか、講談に行こうか悩んだ金曜日。 結局、先日の芸協らくごまつりでサインをいただいた神田松鯉先生の会へ行くことにしました。

 定時で終わって退社、最寄駅から電車に乗って常磐線快速に乗って北千住で日比谷線に乗り換えて小伝馬町で下車、早歩きに歩いて日本橋亭に18時15分過ぎに到着。
 受付で木戸銭二千円払いプログラムとチラシを貰う、「客席かなり混んでます…」とのこと靴を脱いでロッカーにしまおうと探すも空いてるロッカー無し!しかたなくロッカーの上に靴を置いてから客席への扉を開くと…普段、椅子席になっている所まで畳が敷かれていて、八割程の入り!

 いやぁ、こんなのって正月初席以来です…汗

 高座ではきらりさんがネタに入っていたので扉付近の空いてるスペースに座り高座を拝見。

神田きらり 「寛永宮本武蔵伝 瓶割り試合」
 途中から、丁度、入門して前座修行している頃の師匠との思い出を語っているあたりで入場。 思い出話が長くなって後半少し端折ってました(笑)

神田山吹 「奴の小万 生い立ち」
 高座返しをしている間に移動、座れそうなスペースを探しているうちに高座の真ん前に…汗
 後の方、観づらかったろうなぁ…。

神田松鯉 「名月若松城」
 初めて観る読み物。 蒲生氏郷と家臣の話。

~仲入り~
 私服に着替えたきらりさんが、客席後方の扉から入ってきて松鯉先生が主任を務める末広亭十一月下席の入場券の前売り販売の告知をしてました。 ここで買うとなんと五百円引き!おトクですな!

三遊亭左遊 「竹の水仙」
 最初は三井からの大黒を彫って欲しいという依頼だったので、初めて観る「三井の大黒」かと思ったら…江戸の三井に京都から行く途中の藤沢での出来事に変わってしまい「竹の水仙」になってしまいました。

神田松鯉 「阿武松緑之助」
 落語でもお馴染の「阿武松」。大体は最後の方で時間が無くって駆け足になったりするんですが、今日は最後までじっくりと語ってくれて、 まるで尻尾の方まで餡が詰まったタイヤキのような高座でした。

 松鯉先生、タップリ語ってくれて大満足の会でした。

|

« 「木馬亭」11月定席 07年11月3日(土) | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」07年11月10日(土) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/17044848

この記事へのトラックバック一覧です: 「第31回 神田松鯉の会」07年11月9日(金):

« 「木馬亭」11月定席 07年11月3日(土) | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」07年11月10日(土) »