« 「第二回 白井講談会」07年7月28日(土) | トップページ | 「落語協会感謝祭 奉納落語会第一部」07年8月5日 »

2007.08.04

「浪曲定席木馬亭」八月 07年8月4日

07年8月4日(土)13時開演 「浪曲定席木馬亭」八月 浅草 木馬亭

 今週も、きらりさんが出演の番組を観に行ってきました。
 久々の浪曲の定席、「木馬亭」です。

 このブログ始めてから通算300個目の記事になりました。

 浅草に行く前に、神保町に出て本屋を物色。立ち食い蕎麦でもり蕎麦を食べて昼食。

 都営新宿線の小川町から電車に乗って馬喰町で、浅草線東日本橋駅に乗り換えて浅草に到着。

 クラッとくるような暑さの中でも、浅草は観光客で賑わってました…倒れる人いないんかな?…汗

 人の来ない裏通りを歩き、参拝を済ませてから木馬亭へ…ここは浪曲の定席で月の一日から十五日までの興行です。

 木戸銭二千円を払い、懐かしさの感じる客席へ…浪曲は前に座るより後ろに座った方が良いので最後列の中央通路寄りの席に座って本を読みながら開演時間を待ちます。

春日井あかり 「西遊記・通天河」
 浪曲では珍しい話だそうで。 ん~、立ち回りのある話は講談の方がハマるかな?

玉川福助   「六代目横綱 阿武松緑之助」
 落語の「阿武松」と同じです。 男名前ですが女性です。

神田きらり  「寛永三馬術 誉れの梅花 愛宕山」
 珍しく板付きで登場、一高座毎に幕を閉めてセットを変える浪曲の定席ならではの光景です。

藤田元春   「良弁杉」

~仲入り~

三門柳    「男の花道」
 講談でも同じ題名か「名医と名優」で読まれるのと同じ内容でした。

東家三楽   「左甚五郎・昇天の龍」
 天下のご意見番大久保彦左衛門が左甚五郎のパトロンという設定。
 きらりさんの読み物にも出ていた知恵伊豆がこちらにも悪役気味で登場しました。


 今日、駅のコンビニでなんとなく気まぐれで買ってきた、ワンカップ大関…初めて高座を観ながらの呑んでみました。
 あかりさんの高座を観ながら呑んでたのですが、歩きまわって汗をかいていて水分の吸収が良かったのか、いつもより酔いの周りが早くって、きらりさんの高座あたりまでウトウトしてしまいました…苦笑
 慣れないことはしないもんですね…汗。

 終演後は、谷中のイリアスまで歩いて行くことに…。

 浅草を北に歩いて言問通りへ…西に向って歩いて入谷を通り過ぎ、鶯谷の駅に出る。
 上野の山を上って、国立博物館の前に出る…ここで、さすがの暑さに歩きはギブアップ。
 丁度やってきた、循環バスの「東西めぐりん」に乗ってイリアスに到着。
 途中、バスの車窓から見た全生庵は、明日の落語協会のお祭りに向けての準備で噺家さんが汗を流して作業してました。

 イリアスでは毎年恒例の、日本物怪観光の個展と、それにあわせて妖怪関係のグッズを展示販売。
 私も妖怪柄の手拭いを一本購入し、店の人と雑談してから店を出ました。

 ケンタッキーフライドチキンで夕食を買ってから帰宅。

 久々のケンタは美味でした♪

|

« 「第二回 白井講談会」07年7月28日(土) | トップページ | 「落語協会感謝祭 奉納落語会第一部」07年8月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/16006152

この記事へのトラックバック一覧です: 「浪曲定席木馬亭」八月 07年8月4日:

« 「第二回 白井講談会」07年7月28日(土) | トップページ | 「落語協会感謝祭 奉納落語会第一部」07年8月5日 »