« 「黒門町本牧亭講談定席」07年7月16日 | トップページ | 「第38回 鳥越落語会」07年7月26日(木) »

2007.07.22

「第百十一回 フレンド寄席」07年7月21日

07年7月21日(土) 「第百十一回 フレンド寄席」 松戸市稔台 オオイ文化センター

 前々から、やっているのを知っていた前座さんが一時間の持ち時間を自由に使って高座をつとめる会です。
 今日は土曜の出社の帰りに行ってきました。

 定時に仕事が終り、開演まで時間があるので乗換駅まで戻って、夕食を済ませ本屋で時間を潰す。
 開場時間に近づいたので電車に乗って再びみのり台へ…改札出て踏み切り渡ってスグの建物の二階が会場です。
 階段上がって、扉を開けると廊下を挟んで会場…廊下に椅子が出てて着物を着た人が座っているな~?と思ったら本日の出演者蘭さんがネタ帳見てました…楽屋無いんですね…。

 会場の出入り口に机が出てて、その上にザルが置いてあり、「会員無料、会員外200円」との貼り紙…受付も無いみたい…というか、会員じゃない人ってあまり来ないんですね…ザルに200円入れて中へ。

 席亭だと思われる人に挨拶されたので会釈をしてから、最前列の上手側端のパイプ椅子に座り本を読みながら開演時間を待ちます。

 会場は地元の知り合いの人ばかりらしく、色々な話が聞くともなしに耳に入ってきます…「~追っかけじゃないの?」とか、聞こえてきたんですけど…もしかして私のこと?(苦笑)

 時間になり、席亭の人が挨拶と蘭さんのプロフィールを読み上げてから、金毘羅船々の出囃子に乗って蘭さん登場。

 高座に座ると、客席から身を乗り出してカメラを構える人…ピースサインで快く応じる蘭さんでした。

 この会は、一時間の持ち時間を自由に使っていいという趣旨の会、蘭さんはいつもの「蘭ちゃん」コールをやります。 客席全員のノリのいい「蘭ちゃ~ん!」との声に感動した模様でした(笑)
 まずは挨拶と「笑点Jr.」に隔週で出演していることと、ちばテレビの昼の番組に金曜日出ていることを宣伝してから今日のネタの説明、そしてネタへ入ります。

神田蘭 「真田幸村 大阪入城」
 修羅場をメインに五分バージョンでした。

神田蘭 「お富与三郎」
 こちらは三分バージョン(笑)

~仲入り~

神田蘭 「五郎正宗孝子伝」
 そして後半、多分、この読み物が来るだろうな…と思って観にきたのですが、大当たりです(笑)
 本牧亭では持ち時間が十五分なので、前々回が前半、前回が中盤と、なかなか最後まで見られなかったネタでしたが、今日は最後まで観ることができました。
 最後に母親が改心してのハッピーエンドの話でした。

 終演後は、写真撮影やサインを頼まれて快く応じている蘭さんを見ながら会場を後にしました。

|

« 「黒門町本牧亭講談定席」07年7月16日 | トップページ | 「第38回 鳥越落語会」07年7月26日(木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/15845483

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百十一回 フレンド寄席」07年7月21日:

« 「黒門町本牧亭講談定席」07年7月16日 | トップページ | 「第38回 鳥越落語会」07年7月26日(木) »