« 「第197回 日本講談協会 若葉会」07年2月23日 | トップページ | 「早朝寄席」07年2月23日(日) »

2007.02.26

「第17回 かっぱの勉強会」07年2月23日

07年2月23日(金)19時開演 「第17回 かっぱの勉強会」 西浅草 台東区生涯学習センター四階さくらの間

 本日二つ目の会です。

 今月二つ目に昇進した可女次さんはオヤスミです。

 日本橋の「若葉会」の終演後、約四時間の待ち時間を潰すべく半蔵門線に乗って神保町で下車、本屋をフラフラ観て回ってから歩いて秋葉原へ…ここでもフラフラ店を見て回る。

 いい加減疲れてきたので銀座線の末広町駅のある交差点のインターネットカフェに入って残り時間を潰してから末広町駅から電車に乗って田原町で下車。

 学習センターに行く途中で目に入った今風なラーメン屋で手早く夕食を済ませ、少し急ぎ足で歩いて学習センターに到着。

 エレベーターで四階に上がり会場の和室へ…玄関に入ると受付に夢吉さんがいたので木戸銭千円を払い引き換えにプログラムとチラシを貰って、夢吉さんに挨拶してから中に入る。

 前の方の席は既に人がいるので二列目の高座真正面に座り、チラシを見たり本を読んだりしているうちに開演です。

神田きらり 「講談は楽しい」
 今日は前座さんがいないのでトリのきらりさんが代わりに開口一番。
 ネタは岩手のテレビの番組の為に作った二分講談。
 「ビバ岩手」は岩手の名物や有名人を並べた修羅場。
 「藤圭子伝」は岩手出身の藤圭子の話、歌入りです。 歌も上手いね!

橘ノ円満 「転失気」
 マクラは病気の話、胆石を患って手術をした時の事。 通風にも気をつけて下さい。

三笑亭夢吉 「宗論」
 浅草でこのネタをやったらクレームがついたそうで…寄席に来てまで不粋なことですね。
 相変わらずの明るい飛び跳ねるような高座でした。

~仲入り~

神田きらり 「村井長庵 お小夜身売り」
 連続講談の第一話目。
 自分勝手な極悪人の長庵、役になりきれるか悩み所だそうです。
 前に本牧亭で観た時と後半部分が変わっていました。 お小夜を吉原の松葉屋に身売りするくだりが増えていて、身売りする時の女郎屋は二、三日置いて女郎に向いているかチェックをするそうです。
 それと、お小夜を売った金六十両のうち三十両を貸せ!と、義弟の重兵衛に強請りをかける場面、前はアッサリ気味にやってたのを、今回は強面にやってました。私はこっちの方が好みです。
 悩みつつも演っている「村井長庵」、きらりさんがどんな読み物にするのか、これからも楽しみです。


 終演後は、きらりさんと円満さんに挨拶をしてから学習センターを後にしました。

|

« 「第197回 日本講談協会 若葉会」07年2月23日 | トップページ | 「早朝寄席」07年2月23日(日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/14043902

この記事へのトラックバック一覧です: 「第17回 かっぱの勉強会」07年2月23日:

« 「第197回 日本講談協会 若葉会」07年2月23日 | トップページ | 「早朝寄席」07年2月23日(日) »