« 「早朝寄席」06年12月3日 | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」06年12月10日 »

2006.12.10

「黒門亭」昼の部06年12月9日

06年12月9日(土)14時開演 「黒門亭」昼の部 上野 落語協会二階

 なんとなく他に観に行きたい会が無いという珍しい状況で行ってきました。

 ここにたどり着く前に色々と買い物、開場時間を少し遅れて到着し入口で木戸銭千円を払い引き換えにプログラムとチラシを受け取り階段を上り二階の客席へ…

 室内に入るとビデオカメラが設置されていて、どうやら落語協会の主催のインターネット放送の録画をするようです、もしかすると私の笑い声も収録されているかも…

 カメラの前に座って汗を拭きながらチラシを見たり本を読んだりしているうちに時間が迫り、変な感じのする太鼓が鳴って開演です。

三遊亭玉々丈 「やかん」
 円丈師匠の新しいお弟子さん、前座になりたてで先輩から色々と教えを受けている声がソデから聞こえたりしてました。 見慣れない演出でしたけど、こういう演出なのかなぁ…?

柳家右太楼 「悋気の独楽」
 お小遣いを餌にホイホイ何でも言うことをきいてしまう定吉が面白かった。

林家ぼたん「明烏」
 前に観た時と少し変えた所があった…かな?でも、前より良くなった気がします。 マクラが変わって兄さんに連れて行かれたフィリピンパブで両脇に座ったオネーチャンの手を取り「初天神」の父子が手をつないでブンブン振り回しながら歌った歌を歌い、「日本では手をつなぐとみんなこうする…」と教えたそうです(爆)
 ぼたんさんの高座は本当に表情豊かに演られていて観ていて楽しくなります。

古今亭朝太「碁泥」
 初めて観た噺。 ん~、煙草を飲むときの仕草が気になってしまいました…。
 
柳家喬之助「芝浜」
 年末にふさわしくトリはこの噺。 なかなかの熱演で噺に引き込まれて観てました。


 なんとなく…って感じで観に来たんですが、思っていた以上に楽しめました♪

 インターネット落語会、チェックしておこう(笑)

 帰りには、正月二日昼の黒門亭の前売り券を買って帰宅。

|

« 「早朝寄席」06年12月3日 | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」06年12月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/13002762

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒門亭」昼の部06年12月9日:

« 「早朝寄席」06年12月3日 | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」06年12月10日 »