« 「第二回 かつしか土曜出前寄席」06年12月2日 | トップページ | 「黒門亭」昼の部06年12月9日 »

2006.12.04

「早朝寄席」06年12月3日

06年12月3日(日)10時開演 「早朝寄席」 上野 鈴本演芸場

 ここのところ休みがちだった早朝寄席、なんとか早起きして行ってきました~。

 普段より十分遅れて家を出て駅へ、電車に乗って湯島で下車。 昨晩の賑わいの後がうら寂しい繁華街を通り抜けて鈴本演芸場へ到着。

 受付では遊一さんと時松さんが木戸番、木戸銭五百円を払って引き換えにチラシを貰って動いていないエスカレータを上って三階へ。
 
 中央列の一番前の下手側端が空いていたので席を確保し、チラシを漁ったり本を読んでいるうちに開演。

柳家喬四郎 「イブの夜」
 去年の今頃観た噺。 マクラでは一門揃って長崎に旅行に行った話でした、色々食べて七キロ太ったそうで…ネタは、不思議さてんこ盛りな展開でした。 マクラが長かったなぁ…。

柳家太助 「強情灸」
 ん~、初めて観たかもしれない噺家さん。 なかなかオーバーアクションで楽しめました。

入船亭遊一 「厩火事」
 隣の子供が飽きたらしく、チョコチョコ動いて集中できず…汗

三遊亭時松 「松曳き」
 マクラがそそっかしい人の話で「粗忽長屋」かと思ったら、いい具合に予想を裏切ってくれてこの噺♪
 ボケ二人が主人公でボケっぷりがくどいと飽きるんですが、そんなこともなく多様にボケてくれて場内爆笑でした。

 最後が爆笑に終わって気分よく帰ろうとすると、三階の階段の踊り場で時松さんがお見送り、一階に下りて入口付近には他の出演者は居ませんでした…ん~、大概はネタを書いたホワイトボード持った出演者さんが立っているんですけど、他の仕事に行っちゃったんですかねぇ…。

|

« 「第二回 かつしか土曜出前寄席」06年12月2日 | トップページ | 「黒門亭」昼の部06年12月9日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/12918793

この記事へのトラックバック一覧です: 「早朝寄席」06年12月3日:

« 「第二回 かつしか土曜出前寄席」06年12月2日 | トップページ | 「黒門亭」昼の部06年12月9日 »