« 「第16回 かっぱの勉強会」06年11月23日 | トップページ | 「玉川美穂子のおはようライブ 最終回」06年12月2日 »

2006.12.02

「鈴本演芸場十二月上席・夜の部」06年12月1日

06年12月1日(金)17時20分開演 「鈴本演芸場十二月上席・夜の部」 上野 鈴本演芸場

 だんだんとクセになってきた金曜定時の鈴本演芸場。

 トリの雲助師匠目当てに行ってまいりました。

 定時で仕事を終え、着替えてから最寄駅へ…乗り換えて落ち着いてから車内でパンを食べて夕食を済ます。

 湯島で下車して鈴本演芸場へ到着。

 木戸銭二千八百円払ってチケット受け取り、受付でもぎってもらった半券とプログラムを貰ってエレベータで三階へ…降りて後から入ろうと歩き出したら客席から拍手が起こり高座が終わったみたいなので近くの扉から中に入る。
 下手側列の一番前に座って、コートを脱ぎ急いで歩いたのでうっすらかいた汗を拭いていると次の師匠の登場です。

古今亭志ん橋 「居酒屋」

笑組 漫才
 面白かったんだけれど、客席の反応は微妙…

春風亭正朝 「狸の札」

桃月庵白酒 「転宅」
 泥棒の迫力の不足で情けない感じが良い。

~仲入り~

五街道佐助 「金明竹」
 来年三月真打昇進の佐助さん、「隅田川馬石」という名前を襲名するそうです。
 マクラで上方弁の話をしてからネタに入り、スグに言い立ての場面に…ここの所を強調すると「寿限無」を観ているような気になりますね。

伊藤夢葉 手品
 インチキ臭い手品がウケてました。

五街道雲助 「子別れ・下」
 人情味の部分を強めに演出した感じで、こういうのをジックリ観られて良かった♪
 欲を言えば、通しで観てみたいなぁ…。


 今日はトリの雲助師匠が今席は人情噺のネタ出しなので、前の出演者は軽めの噺が多い感じです。 トリはジックリと楽しめたけれど、他は物足りない感じでした。

 ん~、ちょっと満足感に欠けるかなぁ…。

|

« 「第16回 かっぱの勉強会」06年11月23日 | トップページ | 「玉川美穂子のおはようライブ 最終回」06年12月2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/12898382

この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴本演芸場十二月上席・夜の部」06年12月1日:

« 「第16回 かっぱの勉強会」06年11月23日 | トップページ | 「玉川美穂子のおはようライブ 最終回」06年12月2日 »