« 「池袋演芸場十一月上席昼の部」06年11月4日 | トップページ | 「第十三回 倶楽部ぼたん」06年11月10日 »

2006.11.10

「第34回 鳥越落語会」06年11月9日

06年11月9日(木)19時開演 「第三十四回 鳥越落語会」 浅草橋 浅草橋区民館六階

久々の鳥越落語会、ゲストのしん平師匠は今年初です。

奇数月開催ですから、今年最後の会ですね。

 仕事を終え、そそくさと着替えてから駅へ…今回初めての電車のルートを使って言ってみようかと思ったら、その路線が事故で不通…汗
 いつも通りの常磐快速に乗って日暮里で山手線、秋葉原で総武線に乗って浅草橋で下車。 さすがに慣れてきたので乗り降りに便利な車両が分かってきました(笑)

 コンビニでサンドウィッチとお茶を買ってから浅草橋区民館へ、エレベータに乗って六階で降り、案内の開場時間より十分弱早く着いたのですが、入場できるようなので受付で木戸銭二千円を払い名前と住所を書き、アメを貰ってから席へ…。

 最前列下手側の椅子に座り、買ってきたサンドウィッチで夕食を済ませ薬を飲み、本を読みながら開演時間を間待ちます。

 時間を三分ほど遅れて開演…そういえば時間通りに始まったこと無いなぁ…

柳家ろべえ 「噺家の夢」
 相変わらず血圧の低そうな感じのするろべえさん、本人曰く「陽気な自分」と「陰気な自分」があるそうですが、「陰気な自分」の方しか見たことないなぁ(笑)
 出てくる前に師匠から「たっぷり喋って来い」と言われたそうで、とりあえず今日の出来事を話しだします。
 落語協会の二階で協会のHPの自分のプロフィールページに使うPRのビデオ撮影があったそうで、そこで、HP委員のぼたんさんと初花さんに「師匠の芸風に似てきたね」と言われたそうですが、嬉しくないそうで…(苦笑) まぁ、本当に嫌なら師匠の会でこんなこと言うはずも無く…(笑)
 撮り終わった後にはドコモの着ボイスの録音だそうで、こちらは来年辺りからのサービスで他にも色々な噺家さんの着ボイスあるみたいです。
 他に国立科学博物館でエジプトの木乃伊見てきたことや、国立博物館で仏像展を観てきた話など…お客さんが飽きてきた頃にネタへ…
 初めて観る噺で、旅の噺家が宿の無い村の民家に泊めてもらう、ここはやたらと物価が安く、鯛がふっかけられた値段で一銭、あまりに安いので五銭渡すとお祭騒ぎに、二十円でお城が建てられて村中の娘にモテまくり…だけど…という話。

柳家喜多八 「長短」
 高座に上がるなり「たっぷり喋ってこいといったが、こんなに長く…」とボヤいて(笑)
 前座で楽屋に入った時分、しん平師匠は立前座で酒を呑まない師匠にアチコチのラーメン屋に連れてってもらったそうです。
 ネタの方は、気の長い方の間はそんなに長くないけれど仕草が面白かった♪

林家しん平 「鬼の面」
 コチラも高座に上がるなり「鳥越落語会っていい名前ですねぇ…いかにも古典落語を聴くって感じで、これが下肥落語会だと人に言うのもはばかっちゃいますね、なんだか育ちは良さそうだけれども」(爆)
 普段の寄席の定席だと漫談を話すそうで、お客さんが十人以下だと古典を演るそうです。
 まずは、寄席でやっている漫談、鰻についての話。 川でノンビリ暮らしていた鰻が捕まって裁かれるところまで寄席の持ち時間たっぷり演ってくれました。
 ネタは初めてだけれども観たことのある噺で、どこで観たか思い出して見ると講談の読み物で観たことありました。ちょっと調べたら講談から落語にしたネタだそうです、変わっているところはあるけれどストーリーラインは同じでした。
 四十分以上座っていたため足がしびれて高座を降りるのに苦労してました(笑)

~仲入り~

柳家喜多八 「にらみ返し」
 喜多八師匠の師匠、小三治師匠の高座をテレビで見たことのあるネタ、生で観るのは初めて。
 借金の言い訳屋は煙管片手ににらんで相手を追い返すんですけど、口に咥えようとした煙管を鼻の横に…下手の方、自分の座っている方に向いてやったんですけど、相手をにらみつける目が笑ってました(笑)きっと思いついてやったんだろうなぁ…(笑)

 初めて生で観る噺を三つも観られてラッキーだった、今年最後の鳥越落語会でした。

|

« 「池袋演芸場十一月上席昼の部」06年11月4日 | トップページ | 「第十三回 倶楽部ぼたん」06年11月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/12630848

この記事へのトラックバック一覧です: 「第34回 鳥越落語会」06年11月9日:

« 「池袋演芸場十一月上席昼の部」06年11月4日 | トップページ | 「第十三回 倶楽部ぼたん」06年11月10日 »