« 「鈴本演芸場十一月上席・夜」06年11月2日 | トップページ | 「第34回 鳥越落語会」06年11月9日 »

2006.11.05

「池袋演芸場十一月上席昼の部」06年11月4日

06年11月4日(土)12時30分開演 「池袋演芸場十一月上席 昼の部」 池袋 池袋演芸場

 今日は何処に行こうか考えつつネットを見ていると、池袋演芸場のHPの今日の番組で夜の部に出演の神田きらりさんが三笑亭夢吉さんと交代で昼の部に出演。
 お二人は先月に二つ目に昇進しての披露目の興行で各寄席に出演されている最中、既に浅草、新宿は終えて、残りは池袋と今月11日からの広小路亭のみ。

 もともと観に行くつもりでしたし、キッカケもできたので行ってきました。

 自宅最寄の駅まで自転車、電車に乗って西日暮里で山手線に乗り換え池袋で下車。 改札を出ると後十分ほどで開場の時間、北口の階段の近くのパン屋で昼食を買っていこうかと思って中を見たら、レジ前に長蛇の列…諦めてコンビニでサンドイッチと珈琲牛乳、ペットボトルのお茶を買ってから演芸場へ…。

 五分くらい前に到着すると、既にパチンコ屋の景品交換所と間違えそうな切符売り場が開いていたので木戸銭二千五百円を払い、引き換えにチケットを貰って地下への細い階段を下りていくと途中のトイレから携帯持って出てきた私服姿の鯉斗さんに出くわす。

 相変わらずの前座さんらしからぬ髪形です、一人くらいはこういう人いてもいいですね♪
 しくじって頭を丸めることのないよう祈ってます(笑)

 地下二階に下りてチケットをモギリの人に渡し、引き換えに半券とプログラム貰って客席へ、中に入ると珍しいことに七人ほどの人が席についてました(笑)

 私はプログラムでマジックが無いことを確認してから(笑)いつもとは違う最前列中央に座り、買ってきたサンドイッチを食べたり、本を読んだりして開演を待ちます。

瀧川鯉斗 「出来心」
 出だしがギクシャクしてましたが、流れに乗ってくるとスムーズになってきました。 前に同じ噺観た時よりは良くなってます。

桂花丸 「附子」
 狂言の「附子」を元にした新作、前に観たときより面白くなってます。

D51 コント 「人情話 アリとキリギリス」
 今日がネタおろしの新作の台本、上手くいかなかったようで落ちの前に時間切れ…珍しい。

神田きらり 「山内一豊 出世の馬揃え」 祝!二つ目昇進
 日本講談協会では今年の四月に二つ目になっていましたが、今回は芸術協会での二つ目昇進。これで晴れて完全な二つ目さんです。
 紋付に袴の出で立ちで登場、寄席だと時間が短くってダイジェスト版です。

桂幸丸 「ハワイアンセンター物語」
 福島出身の幸丸師匠、映画「フラガール」を受けての新作。

Wモアモア 漫才
 相変わらず爆笑を起こしてます。

三笑亭笑三 「結婚スピーチ」
 途中入場のおばあさんが最前列に、笑三師匠が「いらっしゃいませ」と声をかけると、おばあさんも「あんたも年より若く見えるねぇ」と話しかけ…(苦笑) 席についてガサガサやっているおばあさんに続けて話しかける笑三師匠ですがおばあさん耳が遠くて聞こえず、とんちんかんな受け答え(笑)困った顔の笑三師匠、初めて観ました~。
 このおばあさん、後でもう一つハプニングおこしてくれます。

春風亭小柳枝 「粗忽長屋」
 よくマクラに話す先代小柳枝のエピソードからネタへ。

~仲入り~

鏡味健次郎 太神楽

桂米福 「錦の袈裟」
 久しぶりに観る米福師匠。

三遊亭円遊 「天狗裁き」

玉川スミ 三味線漫談
 芸歴六十年以上の師匠、相変わらず元気な高座で客もイジります。 今回私もイジられて、高齢の夫婦をいじった後に「あんたも、こんなとこ来てないで見合いでもしたら…」と、イタイところ突かれて冷や汗…(笑)

桂米丸 「ジョーズのキャー」
 初めて観た師匠の新作、新作と言っても映画の「ジョーズ」ですから年季が入った噺です。 オチが三段階に変化して良くできた噺です。面白かった~♪

~昼の部終了~
 まだ、尻もそれほど痛くなっていないので、夜の部に出演する夢吉さんを観てから帰ることにしてロビーをブラブラしていると、楽屋の扉の所で私服姿の夢吉さんを見る。

春雨や雷太 「子ほめ」
 噺の最中に、さっきのおばあさんが入ってきて椅子に座ろうとしたら座席が元に戻って尻餅をついてしまい、騒ぎに…高座では年を若く言うとこで…「八十は?」「七十五」「九十は?」「八十五」「百は?」「うるさいよ!」「え?」「うるさいってんだよ!」ってところが、ブツブツ言っているおばあさんと偶然にもシンクロ(爆) 噺を止めることのできない雷太さんも一瞬ですが笑い顔、客席も爆笑。
 おばあさんには気の毒でしたが、ウケてしまいました。
 ちなみにおばあさんはなんともないようでした。

柳家小蝠 「猫と金魚」
 初めて観た噺、面白かった。
 小蝠さんの羽織の紋が蝙蝠、面白い図案です。

翁家喜楽 太神楽

三笑亭夢吉 「権助魚」 祝!二つ目昇進
 羽織袴姿で登場の夢吉さん、袷の着物は暑いそうです。
 これで終わりにして帰るのに観るのにふさわしい熱演した高座でした。


 思わぬハプニングもありましたが、面白く観られた寄席でした。

|

« 「鈴本演芸場十一月上席・夜」06年11月2日 | トップページ | 「第34回 鳥越落語会」06年11月9日 »

コメント

きのうはわん吉は長屋が出演するはずだったみたい。
ちなみにわん吉は登場したいなぁ。
ところが米丸まで演芸へ到着しなかったー。

投稿: BlogPetのいぬ吉 | 2006.11.06 13:55

ごめんください、きらりです。
色々ご心配をおかけしましたが、なんとか石出さんの処へ来ることができました。
未知の世界だったミクシィも、知り合いの芸人の奥さんから招待状をもらい、始めました。今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: 神田きらり拝 | 2006.11.17 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/12563742

この記事へのトラックバック一覧です: 「池袋演芸場十一月上席昼の部」06年11月4日:

« 「鈴本演芸場十一月上席・夜」06年11月2日 | トップページ | 「第34回 鳥越落語会」06年11月9日 »