« 「第一回 かつしか土曜出前寄席」06年9月9日 | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」06年9月10日 »

2006.09.10

「早朝寄席」06年9月10日(日)

06年9月10日(日)10時開演 「早朝寄席」 上野 鈴本演芸場

久々の早朝寄席、相変わらずの客の入りです。

 八時半過ぎに家を出て電車に乗る、湯島で降りて途中コンビニで缶コーヒーを買って鈴本へ。

 入口を入ると受付に朝之助さん、喬四郎さん、さん弥さんが木戸番でいました。
 喬四郎さんに木戸銭五百円を渡し、引き換えにプログラムを貰って階段で三階の客席へ…中央列の一番前下手側端に席を取ってロビーのチラシを漁り、缶コーヒーを飲みながら本を読みつつ開演時間を待ちます。

柳家さん弥 「夏泥」
 泥棒の噺がヤッパリ良く似合います、さん弥さん。
 偶然にも小袁治師匠のHPの日記で見つけたのですが、一昨日アゲて貰ったばかりのようでした。

柳家喬四郎 「船巡礼」新作
 さん弥さんの乱れた太皷にのって、ずっこけながら登場。
 題名からは想像できない内容(笑)
 相変わらずイキナリの始まり、良くわかんないうちにストーリーが進み、だらだらと会話が続き、客がダレてきます。
 もっと、スピーディーにストーリーが展開すれば面白いのに…
 しかし、ここまで噺の中で自分の師匠をイジっていいんですかねぇ…面白いけど(笑)

春風亭朝之助 「鹿政談」
 来年の春に真打昇進して名前が「柳朝」と変わる朝之助さん。
 ダレた客席を立て直す良い高座でした。

鈴々舎馬るこ 「饅頭怖い」
 今年の五月に二つ目昇進した馬るこさん、早朝寄席初登場です。
 横丁の隠居の還暦祝いに何か贈ろうと若い衆集まっての相談から噺が始まります。この展開は初めてで何の噺なんだろう?と、首をかしげているうちに「饅頭怖い」の始まりになってました。
 「四万十川ってどんな字を書く?」「よんに…まんにじゅう!?まんじゅうって言わすな~!」に爆笑
 くすぐり多くて場内笑いの連続でした。
 この噺でここまで笑ったのは久しぶりです。
 今後、要チェックの新二つ目さんです。

  帰りは一階のロビーでネタを書いたボードを持ったさん弥さんに見送られて外にでました。

  昨日は久々の落語会に満足するのに少し足りなかったのですが、今日は大満足でした。

|

« 「第一回 かつしか土曜出前寄席」06年9月9日 | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」06年9月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/11843237

この記事へのトラックバック一覧です: 「早朝寄席」06年9月10日(日):

« 「第一回 かつしか土曜出前寄席」06年9月9日 | トップページ | 「黒門町本牧亭講談定席」06年9月10日 »