« 「円朝まつり2006」06年8月6日 | トップページ | 「サクラ大戦歌謡ショウファイナル 新・愛ゆえに」06年8月13日&15日 »

2006.08.13

「黒門町本牧亭講談定席」06年8月12日

06年8月12日(土) 「黒門町本牧亭講談定席」 上野  本牧亭

 久々の講談定席です~。

 朝飯食べてから寺へ、明日からお盆なのでお墓の掃除。 帰ってから本を読んで出かけるまで時間を潰す。
 十一時少し前に家を出て電車に乗って湯島で下車、昼飯代わりに「つる瀬」で鶴の子と若鮎を買い、コンビニで麦茶を買って本牧亭へ…。

 着いたのはいいけど、若干開場までに時間があるので少し歩いた所の喫茶店で抹茶オレを飲みながら時間を潰してから十二時に店を出て再び本牧亭へ…。

 店の前に看板も出ていて開場している様子なので玄関に入ると神田きらりさんが受付をしてました。当日料金の二千三百円を払いチラシを受け取って靴を脱いで座敷に上がります。

 玄関は冷暖房が効かないので夏と冬は厳しそうです…。

 ちなみに、ここの会場は日本料理屋で入口は普通の玄関なので脱いだ靴は置く場所が無いため靴箱に入れられます、帰る時に出して並べてくれるので、記憶力に自信のない方、自分が粗忽者だと自覚のある方は間違わないよう目立つ履物で行きましょう。

 中に入って上手側のカウンター前の最前列に座って買ってきた和菓子を食べながら本を読んでいるうちに、蘭さん登場で開演です。 

神田蘭 「笹野名槍伝 海賊退治」
 主人公が出てくる前の前半だけだったので合っているかどうかは不明(爆)

神田きらり 「寛永三馬術  愛宕山」
 曲垣平九郎の登場まで、続きは明日…用事があって行けません~(涙)

神田阿久鯉 「河内山宗俊 丸利の強請」
 ここに観に来ると良く読んでいる天保六歌撰の話。 こういう悪人モノの読み物は阿久鯉さんの人にピッタリ合ってますよねぇ…。

神田陽司 「五平菩薩」

神田松鯉 「赤穂義士伝 十八箇条の申開き 後編」
 連続物の赤穂義士伝、今回はダレ場だそうですけどダレずに観せてもらいました。

~中入り~
 ずっと鳴っていた雷もだいぶ収まってきた感じです。

神田山吹 「幡随院長兵衛 長兵衛の最後」

神田鯉風 「大岡政談」
 火付けと盗みの罪で火盗改に捕らえられた男の冤罪を晴らす話。 期日は火あぶりまでの三日間のみ、はたして…という読み物。


 ひさびさにじっくり観れた講談。 トリが大岡政談だというのに気がついたのは本牧亭に着いてから、家を出るときに気がついていたら地元の「しばられ地蔵」のドラ焼きを楽屋に差し入れできたのにな~、残念。
 

|

« 「円朝まつり2006」06年8月6日 | トップページ | 「サクラ大戦歌謡ショウファイナル 新・愛ゆえに」06年8月13日&15日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/11410907

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒門町本牧亭講談定席」06年8月12日:

« 「円朝まつり2006」06年8月6日 | トップページ | 「サクラ大戦歌謡ショウファイナル 新・愛ゆえに」06年8月13日&15日 »