« 「第27回瀧川鯉橋の落語会」06年6月30日 | トップページ | 「鈴本演芸場七月上席昼の部」06年7月8日 »

2006.07.03

「第三回 土曜ひる寄席 in 銀座」06年7月1日

06年7月1日(土)19時開演 「第三回 土曜ひる寄席 in 銀座」 銀座 銀座区民館

 以前からあるということは知っていた落語会。

 ひる寄席なのに開演時間が夜なのは、既に昼の時間を他に取られてしまったからだそうで…

 今回はヒイキの噺家さんが出演されるので行ってきました~♪

  15時過ぎに家を出て、谷中の雑貨屋イリアスに顔を出してから千駄木から電車に乗って日比谷で下車、銀座方面に地下道を歩いているとCDを売っていたので落語のCDを物色する。 欲しいのが無くって横を見たら浪曲のCDもあって、興味を引かれた「野狐三次」と「本能寺」「恩讐の彼方に」が入っているCDを二枚購入。

 マリオンのところで地上に出て、パイプ煙草とパイプクリーナーを買いに菊水へ行く。 店員さんに言われるまで今日から煙草の値が上がったのに気がつきませんでした…汗 そういえば、以前より二百円ほど上がってました。 ちなみに買ったのはダンヒルのロンドンミクスチュア。

 店を出た後、大通りの歩道は混んでいるので裏道を適当に歌舞伎座の方向に歩いていきます。

 歌舞伎座は、初日でしたが舞台稽古のため休演でした、七月は泉鏡花原作の舞台だそうです。 「海神別荘」はサクラ大戦歌謡ショウで観た演目、興味あるので一幕見で観に行こうかな~?

 歌舞伎座の角を左に曲がって少し歩くと会場の銀座区民館に到着。 開場時間まで七分ほど時間があるので前をウロウロしていたら関係者らしき人に(後で世話人の方と判明)「中で待てるから」と、声をかけられので階段を上がって二階の和室に行ってみると、鹿の子さんが机をはさんで寿司職人みたいなカッコ(に見えた)人と打ち合わせしてましたので、階段の踊り場で待つことにします。
 ところで寿司職人に見えた人は襦袢姿の吉幸さんでした…汗

 待っているうちに、さっき声をかけてくれた世話人の方がやってきたので一緒に室内に入って木戸銭(予約したので)千円を払って引き換えにチラシを貰ってからいつもの下手側最前列に座って本を読んで待つことに…

 いつもと開演時間が違うからなのか、客の集まりが悪くて開演時間を十分過ぎてから世話人さんの挨拶で開演です。

春風亭鹿の子 「ガマの油」
 以前から観たかった鹿の子さんの「ガマの油」、酔っ払い方に演者の特徴がでる噺です。

立川吉幸 「らくだ」
 冷房が切ってあったので、この辺りから開場が温まってきて眠気に襲われて気を抜くとウトウト…吉幸さんに気づかれたせいか大きな声でやってました…汗

~中入り~
 本当はここで出演者のサインをした色紙の抽選会をするのだそうですが、こんかいは全員に行き渡るのでナシだそうです。

春風亭鹿の子 「星野屋」
 着物を黒の紋付に替えて登場。初めて観る噺。
 それにしても落語で飛び込み自殺をするのってほとんど吾妻橋なんですけど、自殺の名所なんですかねぇ…?
 商家の旦那と妾の騙し騙されのこの噺、なかなか鹿の子さんにハマっていて楽しめました。


 終演後、サインの入った色紙を貰い、鹿の子さんと吉幸さんの見送りを受けて会場を後にしました。
 帰りは東銀座の駅から都営浅草線に乗って帰宅。

 前座さんと二つ目さんの勉強会のこの会わりと行きやすい場所にあるので気になる噺家さんが出るときは観に行くことにします。

 世話人さんが一人で頑張っている手作り感いっぱいの落語会でした。

 それにしても出囃子が無いと雰囲気が変わりますねぇ…


|

« 「第27回瀧川鯉橋の落語会」06年6月30日 | トップページ | 「鈴本演芸場七月上席昼の部」06年7月8日 »

コメント

なるほど、開演前はそのような雰囲気だったのですね!いい演者をピックアップしているので、少し席亭に頑張って欲しいですね。かと言って、超満員になっても困るけど(苦笑)。
我が儘な落語サポーターでした。
宜しくどうぞ!

投稿: グレート・ゴーヤ | 2006.07.05 16:29

きょうは、自殺しなかったよ。
本当は歌舞伎座が終演しないです。

投稿: BlogPetのいぬ吉 | 2006.07.08 13:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/10760920

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三回 土曜ひる寄席 in 銀座」06年7月1日:

« 「第27回瀧川鯉橋の落語会」06年6月30日 | トップページ | 「鈴本演芸場七月上席昼の部」06年7月8日 »