« 「落語教育委員会」06年5月19日 | トップページ | 「第14回かっぱの勉強会」06年5月27日 »

2006.06.04

「第86回堀之内寄席」06年5月23日

06年5月23日(火)14時30分開演 「第86回堀之内寄席」 堀之内 妙法寺休憩所

土曜が研修になってしまったため、いつもの病院通いの為に休みを取ったついでに行ってきました。

えっと、あくまでもついでですよ、つ・い・で、決して日にちをあわせてってことは無いハズ(笑)

 午前中の早い時間に通院してから、アキバで色々見て回り総武線で新宿へ…丸の内線に乗り換えて東高円寺で下車。 最寄の出口から出ると「蚕糸の森公園」に隣接してました。 この上方落語協会の会長みたいな名前の公演をショートカットしたら早く到着できそうですが、初めて行く所なので無難に青梅街道を歩いて環七との交差点を渡ってから左へ、排気ガスの多い道なりにテクテクと歩いていきます。

 十五分弱歩いて、妙法寺に到着。 二十三日は毎月の縁日だそうで、門前にパラパラと露店が並んでおります。 平日ですのでそんなに人出が無くてゆるやかに時間が流れている雰囲気がします。

 門を入って、まずはお阻止さまにお参り。別に粗忽ではないのでその他のことをお願いしてから本堂左手の休憩所へ…正面中央に芸協の二つ目さんの木札がかかってます。
 まだ、開演まで四十分ほどありますが、前に受付が出ていて中に入る人がいたので私も受付へ向います。
 木戸銭五百円を払うと、引き換えに小さな紙袋と靴を入れるポリ袋を渡されて中へ…入口で靴を脱いで中に入ると正面に立派な高座と後幕があり、客席は前が座布団の桟敷で後がパイプ椅子になってます。
 いつもどおりの下手側最前列端に腰を落ち着けて、さっき貰った紙袋を開けてみると中にお饅頭とお煎餅が一つずつ入ってました。五百円でお茶におやつ付き、いい寄席です(笑)

 壁に写真が飾ってあるのを見てみると、芸協二つ目さんの写真があります。写っている噺家さんをみると、わりと古い感じで…たまには更新しましょう。
 本を読んでいるうちに開演時間です。

雷門花助 「崇徳院」
 始まって気がついたのですが、高座が高くて最前列と距離があまりないので座ってみると首が痛い・・・

春風亭鹿の子 「ちりとてちん」
 袴姿で登場の鹿の子さん。 ネタは今月初めに観た噺、こちらの高座は一人三十分近くの持ち時間があるのでたっぷりとやってました。

~中入り~
 もちろんおやつの時間です。

瀧川鯉太 「幇間腹」
 高座に上がるとき、着物の下に何か着込んでないかチェックしてしまいました(笑)

終演後、世話役というかプロデューサーの古今亭錦之助さんが次回のチラシを配ってました。

帰りに新宿で、遅ればせながらの「ファイナルファンタジー12」を購入して帰宅。


 ここの寄席は、芸協の二つ目さんのみの出演で世話役も二つ目さんがやってます。毎月二十三日の昼の興行で観に行く機会は少ないのですが、観たい噺家さんが出るときは要チェックな寄席です。

|

« 「落語教育委員会」06年5月19日 | トップページ | 「第14回かっぱの勉強会」06年5月27日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/10384685

この記事へのトラックバック一覧です: 「第86回堀之内寄席」06年5月23日:

« 「落語教育委員会」06年5月19日 | トップページ | 「第14回かっぱの勉強会」06年5月27日 »