« 「第三回 寄席あんどん珈琲亭」06年6月17日 | トップページ | 「二つ目勉強会」06年6月23日 »

2006.06.24

「第87回 堀之内寄席」06年6月23日

06年6月23日(金)14時30分開演 「第87回 堀之内寄席」 堀之内 妙法寺休憩所

 休みを取ったので行ってきました、二回目の堀之内のお祖師さま。

 今日は落語のハシゴをする予定のまずは一つ目。

 前の日に買ってきたipodのファイル変換が一晩かかっても終わらなかったため、寝不足気味で家を出る。

 給料日だったので銀行に行き、記帳と現金を下ろしてから駅へと向う…妙法寺に行く前に新宿で色々と買い物してから、新宿でよく入る「沼津港」という回転寿司で昼食を済ます。 ココの店は美味しい上にたまに珍しいネタが入っていたりするのでお気に入りなのです。過去には深海魚、マンボウがあってモチロン食べました♪今回はクジラの寿司があったので食べてみたけど、しょうがの味が強くてよくわからなかった…汗

 丸の内線に乗って東高円寺で降りる、蚕糸の森公園を抜けて今回は門前町の入口から入る。 途中、揚げ饅頭の店があったので二個かってから山門潜って境内へ…信徒ではないのですが敬意を払って本堂へお参りした後、休憩所へ行き入口で木戸銭五百円を払って引き換えに本日のチラシとおやつを貰い、同じく渡されたポリ袋に靴を入れてから客席に上がる。
 
 いつもの下手側最前列端に座って買ってきたものを色々漁っていると、高座で私服姿の鯉橋さんと笑好さんがマイクのテストし始めます。 前回来たときは出てなかったと思いますが、今回から導入されたのでしょうか?
 噺家さんのマイクテスト、落語のフレーズでやるんですね、珍しいモノを見れました。

 本を読みながら揚げ饅頭を食べようと持つと、アブラがジワっと滲んできます…汗 
 結構、アブラすっているんですねぇ、紙にアブラがつかないように注意しつつ食べる。 美味いんだけれどアブラがスゴイ…最初で最後かも…

 こんなことしているうちに客席も程よく埋まり開演時間に近づくと、プロデューサーの錦之輔さんが出てきて本日の出演者紹介してから開演。

春風亭笑好 「金明竹」
 さいたま市の旧大宮市出身で、Jリーグの大宮アルディージャのことをマクラで話す。サッカーのしかもJリーグのチームのことを話した落語家さんを初めて観ました。ポイント高いです(笑)

瀧川鯉橋 「船徳」
 マクラをサラっとやってからネタへ、大汗かいての熱演でしたが、マイペースで話してるお年寄りがいて残念。
 ちなみにどのくらい汗をかいたかというと、後の花丸さんが「鯉橋の汗が…」とネタの最中に高座をみて言ったくらいでした。

~中入り~
 おやつを食べる。

桂花丸 「附子」
 ネタは狂言の「附子」(ぶす)を元に作った新作落語。 たびたび出てくるウンコネタがちょっと引くけど、それ以外は面白い噺。 茶碗を割るときの「ガラリチーン」とか掛け軸を破るときの音は狂言の仕草でした。
 今日、一番ウケてました。

 終演後、錦之輔さんが出てきて次回のチラシを配っているのを貰って、本日、二つ目の落語会を観に日本橋亭へと向う。

 それにしても、寝不足がここに来て祟り、笑好さんと鯉橋さんの高座のときついウトウトしてしまいました…汗

|

« 「第三回 寄席あんどん珈琲亭」06年6月17日 | トップページ | 「二つ目勉強会」06年6月23日 »

コメント

前回とか丸の内などをipodしたかった。


投稿: BlogPetのいぬ吉 | 2006.06.28 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/10661148

この記事へのトラックバック一覧です: 「第87回 堀之内寄席」06年6月23日:

» [大宮アルディージャ]大宮アルディージャをマクラに話す噺家 [jan_ardyのオレンジ日記]
昨日ゲットした芝の手入れなどをしつつ、合間にブログ巡りをしていると、「大宮アルディージャをマクラに話す噺家」の話を発見!春風亭笑好さんという方が、その御仁。なんでも大宮出身だそうで、ブログをかかれている方も「ポイントが高い!」と一押し。もっとも、どんな話... [続きを読む]

受信: 2006.06.25 16:19

« 「第三回 寄席あんどん珈琲亭」06年6月17日 | トップページ | 「二つ目勉強会」06年6月23日 »