« 「黒門町本牧亭講談定席」06年6月10日 | トップページ | 「第87回 堀之内寄席」06年6月23日 »

2006.06.18

「第三回 寄席あんどん珈琲亭」06年6月17日

06年6月17日(土)19時開演 「第三回 寄席あんどん珈琲亭」 綾瀬  cafeあんどん

 地元の喫茶店での冨多葉さんの一人会です。珈琲付き。

 夜勤明けで眠い目をこすりながら、自転車で綾瀬まで向います。 途中、ポツポツ雨が落ちてくる中、少し道を間違えつつも会場のcafeあんどんに到着。
 中に入って前売り券を見せてから最前列の上手側に座り扇子であおぎながら汗を拭いていると珈琲を出してくれました。 この落語会は木戸銭千円で珈琲付きでおトクです♪ そのままブラックで珈琲を飲んでいるうちにお客が集まりだして定刻に開演です。

橘ノ冨多葉 「高砂や」
 かわら版には「青菜」と「道灌」をネタ出ししていたのですが、どちらも同じような展開の噺なので「高砂や」にしてみたそうですが…この噺も同じような展開の噺だと思うんですけど(笑)
 マクラで配ったチラシの話と今日の国立演芸場で一番前に座っていた、ずっと寝ていて起きると隣のオバサンとお喋り、しかもトリの師匠が出てきたら帰ってしまった不思議なオジサンの話と娘さんの中学校のPTA会長での仕事の話。 
 ネタに入って、冒頭の「こんちわ!」と言った瞬間に客席から「はい」と受ける声(爆)誰か噺家さんの話でこんなのがありましたが実体験は初めて(爆)この後、ネタに入りにくそうでした(笑)
 前回、「かっぱの勉強会」で観た時よりも色々と増えてました。

~中入り~
 コーヒーブレイク

橘ノ冨多葉 「道灌」
 七月にカムチャッカに島流し…じゃぁなくって仕事で船に乗って行くそうです、次回はこの土産話あるかも。
 時間がなくなってきたのでサクサクっとショートバージョンの「道灌」 う~ん、これだったら順番逆の方が良かったかも…。


 ちょっと落ち着かないお客がいてまるで昼席の浅草演芸ホールのような落語会でした。
 落語見慣れないお客が多そうだからしかたないのかなぁ…ここで「法事の茶」を演ってもウケそうにないですね。

 帰りに次回の前売りを買って、ポツポツ降る雨の中帰宅。

|

« 「黒門町本牧亭講談定席」06年6月10日 | トップページ | 「第87回 堀之内寄席」06年6月23日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/10577247

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三回 寄席あんどん珈琲亭」06年6月17日:

« 「黒門町本牧亭講談定席」06年6月10日 | トップページ | 「第87回 堀之内寄席」06年6月23日 »