« 「第262回 下町中ノ郷寄席」06年4月22日 | トップページ | 「さん生ひとり語りvol.5」06年4月30日 »

2006.04.30

「第25回 瀧川鯉橋の勉強会」06年4月28日

06年4月28日(金)15時開演 「第25回 瀧川鯉橋の勉強会」 目黒 目黒アンセルモ教会

 いつもながらの夜勤明け、ゲストは前座の可女次さん。

 家に帰り12時まで三時間弱の仮眠をとってから外へ、大手町で三田線に乗り換えて白金高輪で南北線にまた乗り換え目黒で下車。 自販機でお茶を買って教会へ・・・受付で木戸銭1050円払って、いつもの席に・・・。

 貰ったチラシ見たり、本を読んでいるうちに開演時間です。

瀧川鯉橋 「皿屋敷」
 今日は初めにネタおろしの「皿屋敷」別名「お菊の皿」です。 はじめに井戸からお菊の幽霊が出てくる場面でイキナリ太皷がドロドロドロ・・・・と打ち出されて、予想していなかったのでチョットビックリ(苦笑)
 それにしても、桜が散って間もないのに幽霊噺とは、気が早い・・・まぁ、正月初席で「長屋の花見」する人もいますから、これもアリですから。

三笑亭可女次 「狸札&狸賽」
 お気に入りの前座、可女次さん。 狸札では、札に化けた狸とのやりとりが面白い。 それにしても、朝飯が蕎麦に天カスいれたタヌキそばで、「私より姉さんのほうが上手いんです」「姉さんの名前は」「みどりです、父さんはどん兵衛、私はてつやって言うんです」(笑) この後、子タヌキは「てっちゃん」と呼ばれるように・・・

~中入り~
 鯉橋さん再び登場で、チラシの告知等・・・

瀧川鯉橋 「長屋の花見」
 四月一杯までしかこの噺は出来ないそうで、今シーズンはあまり演れなかったから是非とも演りたいということでの「長屋の花見」。 落語会や寄席で良く観る噺、私も今シーズン何回か観ました。 
 それにしても、この噺観るたびに思うんですけど大家のとこの猫を鍋にして食ってしまうってのもスゴイ話ですよねぇ・・・


 帰り際、鯉橋さんに挨拶。 どうも納得できない出来らしかったみたいです、私としては面白かったのですけど。
まぁ、木戸銭安いし、ネタおろしの勉強会ですから・・・次回は「船徳」だそうですが、私は研修のため行けません残念・・・。
 

|

« 「第262回 下町中ノ郷寄席」06年4月22日 | トップページ | 「さん生ひとり語りvol.5」06年4月30日 »

コメント

きょういぬ吉がセルモは三へ登場するはずだったみたい。

投稿: BlogPetのいぬ吉 | 2006.05.07 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/9826417

この記事へのトラックバック一覧です: 「第25回 瀧川鯉橋の勉強会」06年4月28日:

« 「第262回 下町中ノ郷寄席」06年4月22日 | トップページ | 「さん生ひとり語りvol.5」06年4月30日 »