« 「春のピース寄席」06年4月14日 | トップページ | 「女流講談会 なでしこくらぶ」06年4月19日 »

2006.04.17

「寄席あんどん珈琲亭」06年4月15日

06年4月15日(土)19時開演 「寄席あんどん珈琲亭」 綾瀬 cafeあんどん

 橘ノ冨多葉さんの一人会です。 今回で2回目。

 前回は諸事情があって行けなかったのでリベンジです。

 18時チョイ前に自転車に乗って家を出る、20分弱で到着。
 まだ、会場時間前だったので近くにある蕎麦屋で月見ソバ大盛で夕食。寒かったので温かい蕎麦は何よりのご馳走です。

 食べ終わると丁度良い時間だったので、cafeあんどんへ・・・店の前に自転車を停めて中に入って木戸銭千円を払い席に着く。

 高座を見るとめくりが貼ってあるのは電気の行灯で高座に上がるとき明かりをつけました。

 自転車で来たので、いつも肌身離さず持っている本をカバンに入れ忘れたことに気がつく、活字依存症の私にとってはショックな出来事です・・・とりあえず店に置いてあったカフェのMOOK本を読んでいると、開演まで時間があるので先に珈琲を出してくれました。 これも木戸銭に含まれています♪ 普段は一口飲んでから砂糖かクリームを入れるのですが、出してくれた珈琲は入れる必要もなく美味しくいただけました♪

 そのうち人が集まってきてほぼ満席。
 出囃子が流れて開演です。

橘ノ冨多葉 「寿限無」
 まずはマクラで配られたチラシの解説から、そして今年の11月に二つ目昇進が決まったこと、名前を「円満」と変えるそうで、冨多葉さんで三代目になる名前だそうです。
 寄席などで観るとサクッと終わる噺ですが、たっぷり時間をとって演ってくれました。おじいさんが出てくるのは初めて観ます。 

~中入り~
 コーヒーブレイクです。

橘ノ冨多葉 「長屋の花見」
 この時期によく観る噺、気が早い人だと正月初席から演ってますね。 こちらもたっぷり、さげは酒柱が立っている。


 冨多葉さんは落語が好きで好きで38才の時に入門して現在42才。既に前座とは思えないほど噺が上手い噺家さんです。
 ここのカフェによくモーニングを食べに来るそうで、その関係でここの落語会が企画されたんでしょうか?お客さんもほぼ知り合いみたいだし、ここの常連さんなんですかねぇ? 

 帰りに次回の前売りを買って帰宅。

 自転車で来られるという貴重な落語会です。 常連になろうかなぁ・・・。
 

|

« 「春のピース寄席」06年4月14日 | トップページ | 「女流講談会 なでしこくらぶ」06年4月19日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/9617957

この記事へのトラックバック一覧です: 「寄席あんどん珈琲亭」06年4月15日:

« 「春のピース寄席」06年4月14日 | トップページ | 「女流講談会 なでしこくらぶ」06年4月19日 »