« 「第177回 「日本講談協会」と女流の集ひ」06年3月20日 | トップページ | 「早朝寄席」06年3月26日 »

2006.03.25

「すえひろがりの落語会」06年3月21日

06年3月21日(火)14時開演 「すえひろがりの落語会 たっきぃと愉快な仲間たちvol.2」                                                                 日本橋 お江戸日本橋亭

 鯉橋さんと愉快な仲間の落語会。

 

 午前中に、彼岸の墓参りをして、おはぎを食べて昼食も済ませてから家を出ます。 北千住で日比谷線に乗り換えて小伝馬町で降りて、コンビニでお茶買ってから日本橋亭へ到着。

 いつもの席に座って本を読んだり、チラシを漁ったりしているうちに開演時間。

 太鼓のたたき方が違うな~?と思っているうちに幕が開き、紋付袴でお辞儀をしている姿が目に入ります。

口上 春風亭笑松二つ目昇進披露
 下手から喜太郎さん、鯉橋さん、笑松さん、里光さんの順で並んでます。 昨年七月に二つ目に昇進した笑松さんの披露を改めてするそうです。 4人とも日大の落研の先輩後輩の仲だそうで、かしこまらず賑やかに行われました。

昔々亭喜太郎 「新作・ドクター中松一代記」
 専門の発明家になる前に発明コンクールに盗難防止用自転車を持って出場するという噺。

笑福亭里光 「時うどん」
 上方噺、初めて観ました。 ソバとうどんで仕草が変わるもんなんですねぇ・・・。

滝川鯉橋 「長屋の花見」
 醤油を水で薄めてウィスキーってぇのは初めて観ました。 後で、大根のかまぼこにかけるってのは面白い演出です♪

~中入り~
 外に出てみたら、客に混じって出演者もタバコ吸ってました(笑)

対談 岩田ともゆき(放送作家)×笑福亭里光
 日大芸術学部卒の放送作家1年生をゲストに対談。 高座に腰掛けて、日大に入った理由、学生生活、放送作家を目指した理由、仕事内容等。
 深夜番組の台本と構成をしているそうで、出演させてくれと頼む里光さんでした。

春風亭笑松 「干物箱」
 まだ、新しい紋付袴で登場。
 やっと今日になって顔と名前が一致しました~、改名したのは知っていましたが、ずっと前座名の「小まさ」が頭から離れなかったもので・・・。


 今日は日大OBだと前売り価格で入場できるそうで、お客も出演者の知り合いや日大の落研の人が多そうでした。

 ところで、瀧川鯉橋だと・・・「りっきぃ」だと思うんですが?たっきぃだと、瀧川がつく全員ではないでしょーか?
 まぁ、りっきぃだと私の場合、連想するのがリッキー・ホイなんですが(笑)

|

« 「第177回 「日本講談協会」と女流の集ひ」06年3月20日 | トップページ | 「早朝寄席」06年3月26日 »

コメント

きょうは、出場するつもりだった。

投稿: BlogPetのいぬ吉 | 2006.03.26 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/9192067

この記事へのトラックバック一覧です: 「すえひろがりの落語会」06年3月21日:

« 「第177回 「日本講談協会」と女流の集ひ」06年3月20日 | トップページ | 「早朝寄席」06年3月26日 »