« 「第18回 春風亭柳太郎の会」06年2月4日 | トップページ | 「赤羽日曜寄席」06年2月12日 »

2006.02.12

「早朝寄席」06年2月12日

06年2月12日(日)10時開演 「早朝寄席」 上野 鈴本演芸場

 布団の誘惑を振り切って行ってきました早朝寄席~(-_-)zzz

 いつもどおりに湯島で下車、途中のコンビニで缶コーヒーを買ってから鈴本へ・・・。
 
 木戸銭を払って階段上って客席へ、中央列の最前列下手端に座って缶コーヒーを飲み、ロビーに置いてある
 チラシを漁ってから本を読みながら開演を待ちます。

川柳つくし 「権助魚」
 桃色の着物に紺の袴で登場、落語会のミキティだそうで、「向こうは氷上で滑りますが、こちらは高座の上で
 すべります」だそうで(爆)
 バレンタインの話題を話してからネタへ、妙に可愛げのある権助でした。
 魚屋で驚きの声を上げるときは「うぉっ」「ぎょっ」、やるかな~?と思ったらやっぱり「ふぃ~っしゅ」も(爆)
 古典演るのを観たのは初でした。

入船亭扇里 「ぞろぞろ」
 浅草観音裏の太郎稲荷近くの茶屋という設定は初めてでした。 途中まで何の噺かわかりませんでした。

柳家さん弥 「壷算」
 今日のお目当ての噺家さんです。 おしまいの方のそろばん片手のやりとりでは、座布団におさまらいほど
 動き回り着物のすそがみだれるほどの熱演、股引はいてくれててよかった~♪
 
 ちなみに、熱演の為に高座返しを忘れて降りてしまい、もう一度、高座返しに出てきて笑いとってました(笑)

五街道佐助 「夢金」
 今冬は観られないかと思っていた噺、寒いときに寒い噺を観ると余計寒くなりますね~(笑)
 かじかんだ指で笠のヒモを解き、着物に積もった雪をはらう仕草が寒さを感じさせます。


 今日は、三人が20分ぴったりの高座で、トリが30分と計ったように決まってました、普段は前の人が時間食っ
 ちゃってトリが時間無くなる事が多いんですけど、珍しいことです(笑)

 終演後、赤羽に移動するためにJR上野駅へ移動~。

|

« 「第18回 春風亭柳太郎の会」06年2月4日 | トップページ | 「赤羽日曜寄席」06年2月12日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/8628934

この記事へのトラックバック一覧です: 「早朝寄席」06年2月12日:

« 「第18回 春風亭柳太郎の会」06年2月4日 | トップページ | 「赤羽日曜寄席」06年2月12日 »