« 「早朝寄席」06年1月15日 | トップページ | 「第165回 新鋭女流花便り寄席」06年01月27日 »

2006.01.23

「第29回 鳥越落語会」06年1月19日

06年1月19日(金)19時開演 「第29回 鳥越落語会」 浅草橋 浅草橋区民館

 今年初の喜多八師匠の高座です。

 定時で上がって最寄の駅へ、常磐快速に乗って北千住でつくばエクスプレスに乗り換えて秋葉原へ、総武線に乗り換え一駅の浅草橋で下車。
 つくばエクスプレスのおかげで十数分の時間が短縮できるようになってありがたいことです、その分、運賃が高いですが・・・。

 時間があるので高架下の立ち食いソバできつねソバ大盛を食べる・・・ツユの量が少ない・・・。

 途中のコンビニで温かいお茶とあんまんを買ってから会場へ・・・。

 エレベータで6階に上がり、木戸銭払って最前列の開いている席に座り、あんまん食べて本読みながら開演時間を待ちます・・・。

柳家小たま 「堀の内」
 そそっかしいのも、ここまでくると病気なんじゃねーか?というくらいのボケまくりで、しつこく感じた・・・。

柳家喜多八 「弥次郎」
 ここの席亭は女好きだから、スグに女の芸人さんを呼びたがるそうで・・・(笑)

神田ひまわり 講談 「山内一豊 出世の馬揃え」
 3年ぶり2回目の登場だそうです。 ネタは今年何回も観ることになるであろう、「山内一豊」でした。

~中入り~

柳家喜多八 「やかんなめ」
 コピー用紙を持って登場、新作を書く作家さんからバレ咄の小咄を貰ったので受けるかどうか試してみたいとのことで・・・そんなに露骨なのはありませんでした、結構面白い♪
 ついで、最近気に入っている「たこのひるね」と「ざんぎり地蔵」を演ってから本題へ・・・
 題名だけは知っていた噺です、観るのはもちろん初めて。
 これもバカバカしくって面白い噺です♪


 う~ん、今年も喜多八師匠は面白いです♪ 出てくると安心して笑わせてもらえる噺家さんです。

|

« 「早朝寄席」06年1月15日 | トップページ | 「第165回 新鋭女流花便り寄席」06年01月27日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/8293817

この記事へのトラックバック一覧です: 「第29回 鳥越落語会」06年1月19日:

« 「早朝寄席」06年1月15日 | トップページ | 「第165回 新鋭女流花便り寄席」06年01月27日 »