« 「早朝寄席」05年10月23日 | トップページ | 「第77回若手特選五人廻しの会」05年11月4日 »

2005.11.07

「第162回 新鋭女流花便り寄席」05年10月28日

05年10月28日(金)12時開演 「第162回 新鋭女流花便り寄席」 上野 お江戸広小路亭

 ヒイキの噺家さんがトリを務めるので、夜勤明けで行ってきました。 

 久々の花便り寄席です。

 電車だと早朝は帰りに時間がかかるので自転車で会社へ・・・途中、近道をしようとしたら迷ってしまい20分のウロウロしてました・・・汗

 そして、夜勤が明けて定時で会社を後に自転車で急いで帰宅。

 飯食べてフロ入って二時間ほど寝てから家を出ます。

 湯島で下車して途中のコンビニでお昼にするおにぎりとお茶を買ってから広小路亭へ・・・受付で木戸銭払って、二階の下駄箱に靴入れてから三階の客席へ・・・いつもの席が空いていたので座ってから、早めの食事をしてから本を読みながら開演時間をまつことに。

 神田あやめ「???」
 初めて観る講談、題名わかりません~。 講談は好きな方なんですけど、題名わからないのがこういうとこに書くときにつらいです~(汗)

 神田紅葉「寛永武蔵伝・箱根山中狼退治」

 神田織音「唐人お吉」
 う~ん、こういう話もあるんですねぇ・・・後味悪いし、好きになれない話だなぁ・・・。

 宝井梅星「第一次南極観測隊・前半」新作
 講談版プロジェクトX!今回は前半部分で発足の経緯から宗谷出航まで。 面白いのだけれど、まだ、ネタおろしして間もないのか随分とつっかえていて、ちょっとイライラ。 面白かっただけに余計にモッタイナイ感じが・・・。

 田辺一邑「左甚五郎・知恩院の普請・後半」
 夏に演った話の後半だそうで、京都の左甚五郎の忘れ傘のある知恩院の普請にまつわる話。

~中入り~

 玉川美穂子 浪曲 「陸奥間違い」
 花田より寄席初登場だそうです。 掛け声かけたいのですが、どうも気後れしてしまいます・・・汗

 神田阿久鯉「天宝六歌仙・河内山宗俊」
 悪人モノの話がハマりますねぇ・・・。

 春風亭美由紀 俗曲
 ・きりぎりす ・さのさ ・かんちろりん ・踊り

 春風亭鹿の子「締め込み」
 オリジナルのマクラから本題に入ります。 おかみさんのタンカが勢いがあって良かった♪ 鹿の子さんの高座は表情豊かに演じるのが楽しみの一つです。


 終演して帰るときには二階の下駄箱がある場所で、阿久鯉さん、美由紀さん、鹿の子さんが見送りしてくれてました。
 こういうのもいいですねぇ♪


 普段、講談を聴くと眠くなってしまうのですが今日は最後まで眠くならずにすんで良かった~、実のところ最後までいられるか少し不安でしたので・・・汗

 全体的に面白かった今日の寄席ですが、トリも好きな噺家さんが好きな噺を演ってくれて、しかも、スゴク良かったので大満足です~♪ 


 

|

« 「早朝寄席」05年10月23日 | トップページ | 「第77回若手特選五人廻しの会」05年11月4日 »

コメント

きょういぬ吉が話した。
そしてわん吉と食事された!

投稿: BlogPetのいぬ吉 | 2005.11.11 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/6945500

この記事へのトラックバック一覧です: 「第162回 新鋭女流花便り寄席」05年10月28日:

« 「早朝寄席」05年10月23日 | トップページ | 「第77回若手特選五人廻しの会」05年11月4日 »