« 「わかばフレッシュ落語会」5月19日 | トップページ | 「第四回 あれぐろ劇場」 »

2005.05.21

「かのんらいぶ 現代事情噺 その1」

20_003
5月20日(金) 19時開演 「かのんらいぶ 現代事情噺 その1」 両国 お江戸両国亭

 落語芸術協会二ツ目の春風亭鹿の子さんの勉強会。

 ヒイキを自称する身としては是非にも行かねばなりますまい。 

 そそくさと仕事を終わらせて、会社のそばのバス停にやってきたバスに飛び乗り駅へ千代田線直通の常磐各駅に乗って西日暮里で山手線、秋葉原で総武線と乗り換えて両国に到着。
 平日の夜の両国には初めて来ましたが、サラリーマンが佃煮にしたいほどいますねぇ・・・逆に女性の姿は何故か目に付きませんでした。

 一回来た事があるので最短距離の道を選んで行きます。途中のローソンでパンとお茶を購入、レジで会計をしているとき、レジ前の台に並んでいた10円のチョコレートの箱をカバンで引っ掛けて盛大にぶちまける・・・汗
 気が急いているとロクなことになりませんねぇ・・・イヤ、時間があるんだから急ぐことないんですが、携帯のナビに勝ってやろうと思っていたもんで・・・

 会場時間の18時30分少し前に到着、ドアをためすと開いていたので中に入ってみると、受付に人はおらず会場は電気が落としてあって暗いまま、人がいなきゃどうしようもないので時間まで外で待つことに・・・時間となり受付で木戸銭を払い中へ・・・相変わらずの不思議なつくりの寄席ですね、ココ(汗)

 最前列の下手側の端のパイプ椅子にカバンを置いて、会場内をグルッと見てまわると力士の像が2体置いてあります、壁には5月に真打に昇進した円之助改メ小円朝師匠の昇進記念の手拭いが4本ほど額に入れられて飾ってあります。 さすが円楽一門が毎月興行を打つ本拠地です、ちらしも一門の噺家さんのが中心においてありました。

 お腹が空いたので椅子に戻ってパンを食べながら時間が来るのを待っていると、鹿の子さんが高座に上がって開幕です。

 昔の番組、ウィークエンダー風に噺は進行、まずは見出しを書いた紙を持って、ニュースを読み上げた後、関連した噺に入っていきます。

・「女性専用車両運行」・・・試しに乗ってみたらスゴイことになっていたそうです、どんなにスゴイことになっているのか見てみたい気がしますが、そんなことしたら袋叩きに遭いそうです・・・。

 噺は「車内風景 通勤電車故障編」※題名がわからないので勝手に命名しました。

・「タイガー&ドラゴン」・・・噺家さんの間では賛否両論もあるそうで、まぁ、現実の落語界ではありえないこともあり,落語にこだわりのある方には受け入れられない部分もあるだろうけど・・・まぁ、フィクションはフィクションとして楽しんだほうが得だと思うんですけど。 フィクションと現実をドガチャカにしちゃうと、どっかのカンキン王子になっちゃいますしね(苦笑)
 話題がマージャンの話に変わって、雀荘に女性を呼ぶにはどうするかということで、オシャレにカフェにして「プチマージャンカフェ モーニング雀」ってつけたらどうか?とか、キティちゃんの雀卓をつくるとか・・・ところで麻雀牌もキティちゃん柄にしたら、ドンジャラになってしまいますねぇ(笑)

 噺は「アサ帰りの娘たち」※題名がわからないので勝手に命名。
朝帰り初体験の娘と徹マン帰りの娘の勘違いな噛み合わない会話が面白いです。マージャンの知識がないとわかんないかも・・・ちょいエロな噺。

・「女性用発毛剤「リアップレディ」発売」・・・ほとんど新作噺「毛」のマクラみたいでしたね。

 噺は「毛」
  聞くのは2回目、前回はイキナリこの噺に入ったので面食らいましたが、今回はマクラがあったのですんなり噺に入れました。 いろんな場所の毛が愚痴をこぼしあうシュールな噺。 オチが改良されてました。

・「高まる離婚率」・・・離婚する家族が増えて母子家庭父子家庭が増えているって話から・・・

 噺は「ヒーロー」
  現代版「子別れ」ですね、奥さんがホストに入れ込んで借金と息子を抱えたまま離婚って妙にリアルな設定です、鹿の子さんの新作の人情噺は初めて聞きましたが、母親の演技が良かった。 お金が無くってガオレンジャーの人形が買えなくて、替わりに買ったパチモンの人形を見て別れた父親に引き取られた息子を想い、借金でお金が無くても息子がいれば幸せだった日々・・・噺が進むごとに引き込まれてしまいました。オチも良かったし、大団円で好きになりました。

 全部で1時間凸凹の現代事情噺でした、最近の事件や流行を題材にしているので賞味期限がすぐに来てしまう噺たちです。 中には長く味わえる噺もあるでしょうが、旬の時に聞けば面白さ倍増です。

 今後、定期的に会を開くそうなので、これからが楽しみの落語会です。

 そうそう、今回の鹿の子さんは落語家の必需品、扇子と手拭いを忘れたそうで、小道具のメガネを使って演じてましたが違和感なかったなあぁ、必要なのは演じ手と聞き手のイマジネーションなんでしょう。
 ちなみに私は扇子と手拭いを持ち歩いているのですが、手拭いは汗拭くのに使っているし、扇子も江戸扇子でないので貸すことができませんでした(苦笑)

 ところで、江戸扇子ってどこで売っているんでしょう?

 欲しいなぁ、江戸扇子・・・

 ・・・別に私が落語演るってワケじゃなくって、実用で欲しいんですけどねぇ・・・

|

« 「わかばフレッシュ落語会」5月19日 | トップページ | 「第四回 あれぐろ劇場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/4215493

この記事へのトラックバック一覧です: 「かのんらいぶ 現代事情噺 その1」:

« 「わかばフレッシュ落語会」5月19日 | トップページ | 「第四回 あれぐろ劇場」 »