« 「第四回 あれぐろ劇場」 | トップページ | 「本牧落語五人会」第141回 »

2005.05.27

「第14回 瀧川鯉橋の勉強会」

05年05月27日(金)15時開演 「第14回 瀧川鯉橋の勉強会」 目黒 聖アンセルモ目黒カトリック教会

 う~ん、まさか落語を聴きにカトリックの教会にまで行くとは思ってもみませんでした・・・

 瀧川鯉橋さんの高座は今回初めてです。

 夜勤明けの金曜日、一眠りしてから観に行くのに丁度良い時間帯に開演する落語会をしらべてみると・・・落語芸術協会の二ツ目瀧川鯉橋さんの落語会がありました。

 鯉橋さんの高座は観たことはないのですが、今月の末広亭の真打披露口上で中入りに昇進記念グッズの売り子をしているのを見てなんとなく覚えていたのと、場所がカトリックの教会?落語だったら普通はお寺でやったりしますが・・・教会ですよ!落語と教会!このミスマッチ具合が面白かったのと、ネタ出しで演る噺がCDでも生の高座でも聴いたことのない「だくだく」だった、3つも観に行く条件がそろえば行くしかないでしょう!!

 一眠りしてから昼飯を食べて出かけることに・・・目黒に行く前に、気になっていた江戸扇子を見に人形町の「かなや末広」へ、色々と出してもらったうち河童が達磨とニラメッコしている絵が気に入ってボーナスが近いこともあって気が大きくなり購入、ついでに高座扇子も出してもらってこちらも購入・・・う~ん、チョット気が大きくなりすぎかなぁ・・・反省
 まだ、時間が早いので水天宮の駅から神保町へ2,3軒本屋を回って3,4冊本を買う、相変わらず読みたい本を目の前にするとサイフのヒモがどっかいってしまいます・・・汗

 そろそろ時間も潰せたので三田線の神保町駅から南北線直通の電車に乗って目黒へ、構内の自販機で飲み物を買って改札を出ます、出てすぐに地図があったので場所を確認して地上へ・・・地上に出ると方向感覚が狂ってどっちにあるかわからなくなってしまい、とりあえずこの方向だろう・・・と歩きだします。

 少し道を間違えつつもカトリック教会の門の前に到着、落語会のポスターでも貼ってあるかと思ったら、何にも無く、集会所で開演ということはわかっていたので、その集会所を探すことにします・・・敷地に入ってみると正面の建物の中庭に面している一階がガラス窓で、中でなにやらやっているのが見えます・・・チラッと着物姿の女の人が見えたので後をついていってみるけど違う様子・・・。
 しかたなく建物に沿って中庭を歩いてみると、開いているドアから高座が見えました、ガラス窓を見てみると画用紙に「落語会」と黒いマジックで書かれていました・・・。

 ・・・いや、わかんないって・・・大汗

 まぁ、それでも開演前に着いたことに感謝。

 中に入ると、洋服姿の鯉橋さんが近づいてきて「初めての方ですか?」って病院ですか?ココ(笑)まぁ、開演日時が平日の昼間ですから定連さんが多くなるのかもしれません・・・「名前と連絡先をこちらに願います」とのことなので名前とメアドを書いて、木戸銭の1,050円を払って椅子へ・・・って8席しかありません・・・う~ん、推して知るべし・・・前の方が空いていたので座ると、熱いお茶をもらいました、せっかくの好意なのでお茶を飲んでいるとお茶請けに鳩サブレとおかきまで貰いました。

 お茶を飲みながらボケーッとしているうちに時間となり開演です。 

 前回から新しくしてくれたという綿がいっぱいにつまった座布団に座ると、客席をみて数をかぞえます・・・そうして両手を一杯にバッと広げて・・・「10万両!」ではなくて、「お客様が10人!新記録です!」だそうで、今までは最高9人どまりで今回初めて、つばなれしたそうです。 「お?もしかしたら、私が来たからかな~?」と考えているうちに、11人目のお客が登場、ちょっとガッカリかも(笑)

 とにかく新記録達成おめでとうございます。さらなる記録更新を頑張ってくださいm(__)m

瀧川鯉橋 「かぼちゃ屋」
 20歳にもなってブラブラ遊んでいる与太郎に伯父さんが、天秤棒をかつがせてかぼちゃを売りに行かせる噺、初めて聴きました。 細かいくすぐりが面白い♪
 「20歳になったんだから、20歳になったんだからって、好きで20歳になったんじゃぁねぇや! みんなでよってたかって20歳にしたんじゃねぇか!」っていう与太郎のセリフはスゴイ!

~中入り~
 お茶のおかわりをポットから注いで飲んでいると、「お持たせですけど」と煎餅とルマンド貰いました♪
 お客の待遇いいですねぇ(笑)

柳家小梅 俗曲
 柳家紫文師匠のお弟子さんでで東京ガールズという江戸カジ系美女ある(ビジュアル)バンドの一員。
 先日の22日、〝柳家小梅〟襲名披露を他の2人のお弟子さんと一緒にしたそうです。
 名前にちなんだ梅づくしのさのさ。 他のさのさで「楽天イーグルス、鷲かと思ったらカモだった」は一番面白かった♪

瀧川鯉橋 「だくだく」
 昨日、鯉昇師匠にあげてもらったばっかりだそうで、できたてホヤホヤのネタ出し。 細かいくすぐり満載で面白い♪「ようかんを三切れ描いて下さい、二切れは立ってて一切れは横になっている・・・」とか「下駄箱の上に空の牛乳瓶描いて下さい、底に牛乳が輪になって残っていて・・・」とか・・・。
 最後の泥棒と男の「・・・のつもり」の畳み掛けるようなやりとりも面白かった♪
 初めて聴いたけど、すっかり好きになりました。

 終わってから出口で挨拶する、鯉橋さんと少し話して帰りました。

 6月20日の瀧川鯉昇一門会の前売りを買わせてもらったけど、夜勤じゃないといいなぁ・・・鯉昇師匠の噺も好きなんです、私。

 鯉橋さん、面白かったです♪

 お気に入りの噺家さんが一人増えました♪

|

« 「第四回 あれぐろ劇場」 | トップページ | 「本牧落語五人会」第141回 »

コメント

鯉橋でございます。27日は誠にありがとうございます。また、先ほどはご連絡・お問合せありがとうございます。そうかあ、披露目の売り子もPR効果があったんですねえ!
 あの会は一応毎回ネタオロシが目標なんで、いつも大変です。今回はうまくいったほうでして、楽しんで頂けたようでホッとしておりますが、いつもああはいかないんです。でも何しろ、ツバナレは嬉しいです。もちろん、わん吉さんのおかげですよ。ちなみにあたしの前座名は「鯉奴(こいぬ)」でした。

投稿: 鯉橋 | 2005.05.31 01:19

書き込みありがとうございます。
披露目の売り子の時は場内アナウンスが流れている間、ずっと目の前に立たれて可龍さんと二人でセールストークされたらイヤでも覚えます(笑)

27日の11人の新記録は私が行かなくても10人になるので達成してましたね。ただ、記念になる日に居合わせたことは私としてもウレシイかぎりです。

前座名が「鯉奴(こいぬ)」ということで、私のHNわん吉と犬つながりですね、これを縁にして今後も名前を見かけたら高座を観に行かせてもらいます。

投稿: わん吉 | 2005.05.31 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/4302759

この記事へのトラックバック一覧です: 「第14回 瀧川鯉橋の勉強会」:

« 「第四回 あれぐろ劇場」 | トップページ | 「本牧落語五人会」第141回 »