« 第132回「長崎寄席」 | トップページ | 「瀧川鯉橋の人形町落語会その2」 »

2005.05.29

「鈴本早朝寄席」5月29日

5月29日(日) 10時開演 「鈴本早朝寄席」 上野 鈴本演芸場

 朝早く目がさめたら、行って見ましょう早朝寄席。500円とオトクです。

 昨日、新しい自転車が届いたので近くの水元公園で乗り回していたら、危うく時間に遅れそうになりました・・・

 最寄の駅から電車に乗って湯島で下車、2番の出口から地上へ出て左に曲がってお江戸広小路亭のある交差点を左に曲がって途中のコンビニでお茶を買って鈴本に到着。

 受付でさん弥さんに木戸銭を払って客席に、いつもの所は先に座られていたので、もう少し下手側に座ることにします・・・本を読みながら開演時間を待ちます。

 二番太鼓が鳴って、幕が上がります、すると客席後方から拍手が・・・1年半落語を観てきたけれど、幕が上がっただけで拍手が起こったのは初めてでした。 寄席に来たことない人が多いのかな~?と考えていますと・・・

五街道佐助 「締め込み」
 佐助さんも幕が上がって拍手がおきたのは初めてだそうで、早朝寄席に団体客がきたのも初めてだそうです・・・団体客・・・納得です。

三遊亭あし歌 「崇徳院」

鈴々舎風車 「棒たら」

柳家さん弥 「???」
 着物を着崩しての大熱演で面白かったのですが、噺の題名がわからない・・・初めて聴く噺なんですけど。
 医者が夜中に急患を診てくれと頼まれて、カゴに乗って行こうとするが、担ぎ手が一人しかおらず、呼びに来た人に前を担いでもらって出発、途中、急患が亡くなったので医者の必要はなくなり、呼びに来た人は葬式の準備で行ってしまい、医者がかわってカゴの前を担ぐことに・・・担いでいるうちに楽しくなってはしゃぐ医者、何故かカゴは藪の方に引き寄せられるように近づいていく。という噺

 今日の早朝寄席は、団体客がいたせいなのか普段の寄席なら笑わないところで笑っている人が多かったなぁ・・・

|

« 第132回「長崎寄席」 | トップページ | 「瀧川鯉橋の人形町落語会その2」 »

コメント

江戸で面白かったのですが最寄とか届いたので
いぬ吉は、柳家さん弥などさめたら
いぬ吉たちが、多かった柳家さん弥と締めや、危うく医者などさめたら
わん吉が、水元公園で地上とか担いでいるうちに
オトクとか、大きいコンビニなど読みながら
いぬ吉たちが、崇徳院で柳家さん弥などおきたのは
わん吉が、日で柳家さん弥とか、自転車とかを準備したよ♪


投稿: BlogPetの「いぬ吉」 | 2005.06.02 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/4328621

この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴本早朝寄席」5月29日:

« 第132回「長崎寄席」 | トップページ | 「瀧川鯉橋の人形町落語会その2」 »