« 「かのんらいぶ 現代事情噺 その1」 | トップページ | 「第14回 瀧川鯉橋の勉強会」 »

2005.05.24

「第四回 あれぐろ劇場」

5月21日(土) 14時45分開演 「第四回 あれぐろ劇場」  横浜 にぎわい座 B1 野毛シャーレ

 かなり久しぶりに観に行く三遊亭亜郎さんの落語会、スロベニア系カナダ人のグレッグ・ロービックさんを相棒にはじけまくります。

 横浜のにぎわい座に行く前に、川崎のラ・チッタデッラの中にあるプロジェットという本屋でヒイキのアーティストさんの個展があるので見に行くことに・・・待ちかねていた新作も展示されていて来たかいがありました。

 時間が余っているので、昔、川崎に仕事で通っていたこともあって、懐かしさに暫らくブラブラと歩き回りながら駅へ向うことにします。
 JRの川崎駅から桜木町へ、地下道に入って南1番出口から地上に、コンビニでお茶を買ってから、にぎわい座に13時30分に到着。 入口に今日開催の「あれぐろ劇場」を見ると14時45分開演?と、いうことは14時15分開場?う~ん、14時開演と勘違いしていました・・・最近ボケるなぁ・・・しかたないので時間つぶしに本屋を探しますが、見つけることができませんでした。 しかたないので、にぎわい座並びのハンバーガー屋でウダウダと時間を潰してから再び会場へ・・・。

 会場の行き方がわかんない・・・地下なんですが、階段つかえるのかわかんないしエレベーターで降りればいいんかねぇ・・・ちゃんと案内しといてよ~(怒) とりあえずエレベーターで地下へ、扉が開くと案内が出ていたので正しいことがわかりました。
 受付で木戸銭を払って、チケットの半券とアンケート、次回の予告チラシと何故か茶封筒を渡される。 客席は前の方がクッションが良さそうなパイプ椅子、後ろはひな壇になっていまして、たまには後ろのほうで・・・と、ひな壇の一番下に座ります。

 時間になると客席が暗くなって高座にスポットライトがあたります、そして亜郎さん登場・・・なんかガニ股で歩いてますが?ベロを出して唇をベロベロなめてます・・・んでもって、高座に座ってからの開口一番

 「タイガー!タイガー!ありがタイガー!」

・・・客席はややウケな感じでした。亜郎さんが「「タイガー&ドラゴン」見ている人~?」と聞いてみると4割弱くらいでした。
 あと、茶封筒について、今年の夏、カナダの演劇祭のオーディションに合格したので、ミュージカル落語を演じにカナダに行くのですが、費用が足りないので1口千円でカンパお願いしますだそうで・・・5口5千円のカンパだとカナダの公演のDVDをお送りしますとのことで、う~ん、ちと考えさせてもらいます。

三遊亭亜郎 スーパー与太郎噺「道具屋」
 あいかわらずのバカ200%の与太郎っぷりです、が、会場が暗いし、昨夜遅く寝た上にココに来るまで歩きまわったせいで前半ついウトウトしてしまいました・・・汗

グレッグ・ロービック アコーディオン漫談「ジュゲムの隣に住んでいるスロベニア人」
 本当は開口一番で亜郎さんとコンビでやる予定だったんですが、ボケとツッコミが日本語だと良くわからないので一人でやることになったそうです。
 ミュージカル落語ジュゲムの音楽を使用しての落語、日本人の寿限無・・・とスロベニア人のムゲジュ・・・の噺でした、最後は二人の名前を交互に混ぜて歌い上げるのですが、見事ノーミスで大成功!
 日本語で新作の噺創って日本人を笑わせるなんて、すごい人です、グレッグさん。

~中入り~
 とりあえず、カンパしようかと財布の中身をチェック・・・福沢さんしか入ってません・・・えっと、亜郎さん、今回はパスということで(笑)

ミュージカル落語「文七元結」
 始まる前にピアニストの方の紹介です、女性の方で名前わすれちゃったんですが、第一回目のミュージカル落語「ティナルディエ物語」では結婚式の翌日の上演、カナダでの公演は、新婚旅行と一緒に仕事もしちゃえってことだったんですが旦那さんが行けなかったそうです、で、今回はオメデタで予定日は7月だそうです。 なんだミュージカル落語に縁のある方ですねぇ。
 で、噺のほうですが、古典の文七元結のストーリーのままですが、ピアノが入ったり亜郎さんが元劇団四季仕込みの声で朗々と歌い上げます。
 う~ん、久しぶりのミュージカル落語ですが、以前よりは無理なく楽しそうにやっている感じです。 ちゃんと落語になっているしミュージカルにもなっています。

 終わった後、今年の大銀座落語会のメイン会場でのミュージカル落語の公演が決まったそうで、前の師匠の春風亭小朝師匠が推薦してくれたそうです。
 なんか、良い話ですねぇ・・・。

 終演後、亜郎さんとグレッグさんは会場の外でお客さんに挨拶をしていました。 私が近づいていくと、まだ、亜郎さんの落語会は4回目なのに顔を覚えてくれていて挨拶してくれました。
 こんな風に覚えていてくれると、また、行かなきゃって気になるんですよねぇ♪まぁ、前回とはだいぶ間があいちゃいましたけど・・・汗

 それにしてもミュージカル落語は、だんだんと良くなってきている感じです、CDやDVDになったら絶対買うのですけど、まだまだ先ですかねぇ・・・

|

« 「かのんらいぶ 現代事情噺 その1」 | トップページ | 「第14回 瀧川鯉橋の勉強会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/4224374

この記事へのトラックバック一覧です: 「第四回 あれぐろ劇場」:

« 「かのんらいぶ 現代事情噺 その1」 | トップページ | 「第14回 瀧川鯉橋の勉強会」 »