« 「本牧落語五人会」第141回 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」5月29日 »

2005.05.29

第132回「長崎寄席」

5月28日(土) 18時30分開演 第132回「長崎寄席」 南長崎 ひびきホール

 お江戸日本橋亭の落語会を聴き終えて、行ってきました。落語会のダブルヘッダーですね。

 お江戸日本橋亭を後に、三越前から半蔵門線で大手町、千代田線に乗り換えて千駄木で下車、谷中のイリアスに寄ってから再び千駄木から電車に乗って西日暮里、山手線に乗り換えて池袋、人生2回目の西武池袋線に乗って東長崎で下車。 商店街をまっつぐ抜けて・・・と、思いましたが、まだ開場時間には間があるので途中のオリオン食堂2でしょうゆつけ麺を食べる、美味いっす♪ 今度来るときもここで食べよう♪ 大盛がただなのも○

 自販機でお茶を買ってから、会場へ・・・常連会のカードを見せてから木戸銭を払って客席へ、下手側最前列の端に座って本を読みながら開演を待ちます。

柳家ごん坊 「子ほめ」

桂南なん 「???」
 初めて聞く噺で題名がわかりません・・・女郎に振られた男が短刀で相手を刺して自分も死ぬと興奮しているが、伯父さんが例え話をして言い聞かせ、本人の替わりに写真を刺すことにするが、イキオイあまって自分の手も・・・という噺。

柳家三太桜 「三方一両損」
 喧嘩してるときのタンカが小気味良い噺です。

~中入り~
 恒例の福引き大会、くじ運のない私は・・・まぁ、持ち帰りに困るのを貰ってもアレですから(言い訳)

涼風にゃん子・金魚 漫才
 高座の前に立ちマイクをたてての熱演、お客さんと同じ高さで距離も2メートルも離れてません、すごい近いです。 初めてお目にかかりましたが、金魚さんのハジケっぷりがスゴイです・・・お客さんのヒザの上に乗ったりしてました。 1回みたら忘れられないインパクトがあります。

柳家三太桜 「風呂敷」
 今月2度目の噺、前回同様楽しめました。

桂南なん 「唐茄子屋政談」
 南なん師匠は昨年、キチンと落語を聴き始めた1月に末広亭で1回高座を観ただけでしたが、どんな噺をしたのか忘れたけれど、顔は忘れられない、個性のある師匠です。
 今回、二席をたっぷり聴きましたが、もっと高座を観たい師匠です。

 今回もたっぷり楽しめました♪特ににゃん子・金魚さんを初めてみた衝撃は忘れられない体験です(笑)なんせ、登場したとき客席が固まりましたから(爆)すごく面白いコンビでした。

 次回7月30日(土)は二つ目さんで柳家初花さんと笑福亭里光さんだそうで上方落語が聞けるかな?

|

« 「本牧落語五人会」第141回 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」5月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/4328074

この記事へのトラックバック一覧です: 第132回「長崎寄席」:

« 「本牧落語五人会」第141回 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」5月29日 »