« 「春狂言」 | トップページ | 「前座落語勉強会」 »

2005.04.17

「黒門亭」4月16日夜

4月16日(土)18時開演 「黒門亭」 上野 落語協会2階

 以前ここで観た、志ん輔師匠の「お見立て」がすごく良かったのを忘れられず、また観に行くことにしました。

 谷中にあるヒイキの店イリアスから千駄木の駅へ湯島で降りて落語協会へ、2階に上がると既に30人程入ってました。 人数が多くて少し暑かったので扇子をつかいながら開演を待ちます。

前座 「真田小僧」
 前座さんの名前わかりませんでした。 子供に払う金額が1銭2銭3銭と釣り上がるのは初めてでした。

柳家右太桜 「家見舞」
 初めて見る噺家さん、印象に残ったの今後チェック。

林家のん平 「花筏」
 続いても初めての噺家さん。なかなかマクラが終わらないので心配して時計を見たお客さんに突っ込みを入れてからネタに(笑)

橘屋半蔵 「試し酒」
 またまた初めての噺家さん。酒を5升呑みきれるかどうか賭けをする噺ですが、酒を呑むしぐさと間が大事な噺ですね、なんせ1升の酒を一度に呑むのですから時間がかかりヘタに演じると客が飽きてしまう感じがします。輔
 3升目がイマイチ印象に残ってないのですが・・・汗
 しかし、ここから自分を含めた客席が暖まってきて笑いも多くなってきました・・・。

古今亭志ん輔 「居残り佐平次」
 フランキー堺の「幕末太陽傳」で有名な噺。 ここまでで19時40分、終演時間は20時、どうするかと思ったらなんと20時30分まで50分の大熱演、40人近くのお客からの大きな拍手で幕が降りました。
 また、志ん輔師匠が出演したら来ようっと♪

 今回は全員ネタ出しだそうで、「ん?」と疑問に感じるところは少なかったのですが時間がかかっていたようでした。

|

« 「春狂言」 | トップページ | 「前座落語勉強会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/3743044

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒門亭」4月16日夜:

« 「春狂言」 | トップページ | 「前座落語勉強会」 »