« 「黒門亭」4月16日夜 | トップページ | 「花の競演 新鋭女流花便り寄席」 »

2005.04.23

「前座落語勉強会」

4月21日(木) 19時開演 第184回サニーホール落語会 「前座落語勉強会」 日暮里 サニーホール

 ヒイキのお店「イリアス」経由で招待券をもらったので、仕事が終わってから見に行ってきました。

 日暮里のサニーホールで落語会を開いているのは以前から「東京かわら版」で見て知っていたのだけれど、なかなか行く機会がなかったので今回初めてということになりました。
 会社を定時で終わって最寄の駅へ、今日の落語会は日暮里で7時開演なのであせらずのんびり行くことができます。松戸駅で常磐線に乗り換え日暮里駅で下車、まだ時間に余裕があるので本屋をひやかしてからサニーホールへ向います、エスカレータで4階へ・・・まだ開場していないのでロビーで本を読みながら待ちます。
 開場時間が来て中へ、コンサートサロンということで音の響きがよさそうですが、ちょっと暑いかも・・・下手側2列目の椅子に座って開演時間まで本を読みながら待ちます。

三遊亭橘也「味噌豆」
 トップバッターは今年の正月に前座になった橘也さん、開口一番で挨拶をしますが緊張していて中を見ながらの挨拶でした。 今回一番下っ端の前座さん。

立川松幸「手紙無筆」
 二番手は立川談幸師匠の弟子の松幸さん、「浮世床」演ったらややこしそうな名前です。

三遊亭橘つき「小言幸兵衛」
 本日一番上の前座さん、橘つきさん。 今日も自分で作ったマクラを話します・・・緊張しているせいか、話が飛んで内容が上手くつながってません・・・汗 ネタに入ると大汗をかきながらの熱演でした。 大汗かいているのはライトが熱いからかも知れませんが・・・。

~中入り~

三遊亭橘也「子ほめ」
 二席目のせいか、演じなれているせいか落ち着いて演じていました。

三遊亭橘つき「穴子でからぬけ」
 一席目で燃え尽きたのか、二席目は軽い小噺。 ちなみに橘つきさんは三遊亭円橘師匠の弟子で、橘也さんは弟弟子です。

立川松幸「たらちね」
 トリは松幸さん、「たらちね」を最後のサゲまで聞いたのは初めてでした。

 前座さんの3人会、観客は20人弱ほどでした。 この中から名人が出たら将来自慢することができるんだろうなぁ・・・機会があったらまた、観に行きます。

|

« 「黒門亭」4月16日夜 | トップページ | 「花の競演 新鋭女流花便り寄席」 »

コメント

橘也、橘つきの“兄さん”圓之助が真打に昇進、四代目小圓朝を襲名して、1~10日までお江戸両国亭で披露公演をやっています。こちらも応援してやってください。

投稿: 渡辺 | 2005.05.04 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/3826636

この記事へのトラックバック一覧です: 「前座落語勉強会」:

« 「黒門亭」4月16日夜 | トップページ | 「花の競演 新鋭女流花便り寄席」 »