« 「前座落語勉強会」 | トップページ | 「七転八倒の会」 »

2005.04.29

「花の競演 新鋭女流花便り寄席」

4月28日(木) 12時開演 「花の競演 新鋭女流花便り寄席」第156回 上野 お江戸上野広小路亭

 ヒイキの噺家さんが出るので、夜勤明けで観に行ってきました。 ・・・夜勤明けで聞く講談は辛いんですけど、噺家さんの出番までは頑張って起きてないと・・・汗

 家に帰って風呂に入ってから2時間弱の仮眠をしてから、イザ上野広小路亭へ。最寄の駅から電車に乗って湯島で下車、途中のコンビニでサンドウィッチとお茶を買ってから会場へ・・・。 ヒイキの噺家さんの出番は中入りの二つ前・・・わりと深いところにいます、眠気に耐えられるかなぁ・・・「ヘタな講釈師と名人の講釈師は眠くならないけど、そこそこ上手い講釈師は眠くなる」という言い伝え(謎)があるくらいですから・・・そういえば講釈師の持っているハリ扇は寝ているお客を起こすためだという言い伝えが・・・(笑)
 受付で木戸銭を払おうとすると、いつの間にか平日半額サービス無くなっていたんですねぇ、2千円を払ってスリッパに履き替えてから階段を上っていきます。 いつもどおりの下手側の端に座ってサンドウィッチを食べつつ開演を待ちます。

一龍齋貞寿 講談 不明聞き取れませんでした

神田紅葉 講談 「お富与三郎~与三郎殺し」

田辺一凛 講談 「仙台伊達家~鬼夫婦の由来」
 講談界の横峯さくら(自称)だそうです。 ちょっと試合の掛け声が弱いかな~?

神田織音 講談 「五平菩薩」 
 高座に出てきた時に一番歓声が上がっていました、今日の客は織音さんファンが多い?

神田阿久鯉 講談 「徳川天一坊~紀州取調べ第一日」
 連続物の話です、20話ほどあるそうで、私も過去に2,3回聞いたことありますが、かなり飛んだなぁ・・・。 ところで、全部通して聴いている人っているのかなぁ?

春風亭鹿の子 落語 「ぼくらはみんな生えている」 ※新作落語で題名不明の為、勝手につけてます。
 今日の高座は持ち時間が30分あり、たっぷり聞くことができました。 初めて聞く噺で、「毛」が擬人化して父母息子娘の「毛」が愚痴を言い合うというシュールな噺でした。 最初は面食らいましたが、こういう噺も面白い♪若い女性だったらさらにウケそうな内容でした。

桃川鶴女 講談 「男の花道 名医名優」
 久々の広小路亭出演だそうで、私も初めて見ました。 ヨッ名調子♪

~中入り~

中入りで途中退場、サスガに眠かったのと、会場が妙にざわついててチョットイライラしてたので出てきてしまいました。 夜勤明けの講談はヤッパリ辛いねぇ・・・m(__)m

|

« 「前座落語勉強会」 | トップページ | 「七転八倒の会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/3911971

この記事へのトラックバック一覧です: 「花の競演 新鋭女流花便り寄席」:

» 電車男 感想 [電車男]
痴漢男に引き続き、電車男をレビューします。 痴漢男を読んだので、電車男を読み返してみる。やっぱりおもしろい [続きを読む]

受信: 2005.05.02 00:32

« 「前座落語勉強会」 | トップページ | 「七転八倒の会」 »