« 3月5日(土)の散歩~その2 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」3・13 »

2005.03.13

「池袋演芸場」3月12日中席・昼の部

「池袋演芸場」 3月12日(土) 中席 昼の部  池袋 池袋演芸場

 今まで行きたくてもスケジュールが合わなくて行けなかった、三遊亭円丈師匠がトリを務める中席、期待に胸をふくらませながら池袋へ・・・。

 池袋駅の地下街のパン屋アンデルセンでパンを買って、いそいそと演芸場へむかいます。チケットを買って、いつものごとく地下二階へ・・・客席に入ると既に10人以上の人が入ってます、ちょっとビックリ・・・いつものごとく最前列下手側に座ってパンを食べながら開演を待ちます。

桂ゆう生「たらちね」

三遊亭小田原丈「1パーミルの恋人」
 この人の高座を聞くのは去年の今頃の黒門亭以来の1年ぶり。師匠がつけた弟子の名前をマクラで話してましたが、小遊三師匠の「おまえ」「おたく」「あんた」にはかなわないでしょう(笑)

神田茜 新作講談 「スキスキきんえもんサマ」
 希少な講談の新作派、赤穂浪士の義士銘々伝の改作?「岡野金右衛門」の話、金右衛門が大工の娘をたぶらかして吉良邸の絵図面を入手するくだりを娘サイドから演じた話でした。 笑わせながらもチョットしんみりさせられる面白い話です。

ロケット団 漫才

三遊亭らん丈 新作 「字引漫談」

古今亭菊丸「片棒」
 ここで初めて古典落語の登場です、この噺を生で聞くのは初めてでした。

松旭斎美智 マジック
 客席に投げるサイコロキャラメルはキケン?

川柳川柳「ガーコン」
 相も変わらずの噺、飽きないのは本人の個性。マクラの自分の書いた本の宣伝が長い(笑)いっそのことコレで一席にしちゃったほうがおもしろいかも(爆)

~中入り~

三遊亭白鳥 新作「アジアソバ」
 爆笑に次ぐ爆笑。 魔法使いサリーの主題歌を歌いながら登場するインド人ってナニ?怪しすぎる(爆)

金原亭伯楽「真田小僧」
 本日二席目の古典、普段と逆に新鮮に聞こえます。

鯉川のぼる 声帯模写

三遊亭円丈 新作「悲しみの大須」
 まだ、CDにはなってない名古屋の寄席「大須演芸場」をネタにした噺。爆笑させながらも最後はしんみりと終わらせます。

 いやいや、面白かった大満足です♪客席は満員御礼状態でした。 それにしても新作派の噺家さんには固定のファンが多いですねぇ・・・。 

 最低でも、もう一回は見に行きたいなぁ・・・休みとって行っちゃおうかなぁ(笑)

|

« 3月5日(土)の散歩~その2 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」3・13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/3285876

この記事へのトラックバック一覧です: 「池袋演芸場」3月12日中席・昼の部:

« 3月5日(土)の散歩~その2 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」3・13 »