« 「若手二つ目勉強会」 | トップページ | 「末広亭」3月5日上席・夜 »

2005.02.27

「鈴本早朝寄席」2・27

「鈴本早朝寄席」 2月27日(日)  上野 鈴本演芸場

日曜の朝10時開演の二つ目4人が出演する落語会です。全て出演者が運営してます。

おまけつき(笑)

 9時に家を出発、自転車で駅へ丁度来た電車に乗って湯島で下車、途中コンビニでお茶を買って鈴本演芸場に到着、50分弱の道のりです。 通常の入場券売り場は閉まっていて、自動ドアを入ってすぐのモギリの場所が受付です。 受付にいたのは初花さんと、つくしさん、サイフの中には小銭しか入っていないので思わず「銭ィこまけぇのしかねぇから、手ぇ出しな・・・」と言いたくなるのをグッとこらえて木戸銭500円をつくしさんに渡し、替わりにちらしを貰って客席にむかいます・・・止まっているエスカレータを上って3階へ、扉を潜って最前列の中央の席の下手側に座ります、既に20人ほどのお客さんが入っていました。 本を読んでいるうちに太皷がなって幕が上がり開演です。

柳家初花「時そば」
 師匠の花緑さんに教えてもらう時間が取ってもらえず、師匠出演ののDVDを見て覚えたそうで、証拠の品をフトコロから取り出してました(笑) 今回は全員ネタ出しなので若干ぎこちなさがあります、ただ、2時半まで呑んでいたというか呑まされていたそうなのでその影響もあるのかと・・・(笑) 
 「そばをくれ」「16文です」「前金かよ!」

柳家さん光「締め込み」
 今回の会の二つ目さんの中で香盤が一番上なので今日の会の番頭を務めてるそうです。エラそうに聞こえますが雑用係りみたいなもので、みなにダマされました・・・と(笑) ただ、テーマを決められるそうで本日のテーマは時代考証だそうで、時代が古→新の順に噺の順番を決めたそうです。 あまり面白くないテーマでした、って言ってました(苦笑)

三遊亭あし歌「電報違い」
 マクラもなくいきなりネタへ。 声が微妙に高くてヒゲも見えず色白でツルッとした肌、着物のせいで体格もよくわからず男だか女だかわからないのが気になって、ちょっと噺に集中できませんでした(苦笑) 家に帰って落語協会のHPを見て男だと判明いたしました(笑)
 噺の方は初めて聞くネタでしたが、サゲの意味がよくわからなかった・・・こちらは私の不明です(苦笑)

川柳つくし「平等先生」
 こちらは正真正銘の女性です(笑)新作派の噺家さんで小袖と袴が普段の高座着です。今日はファンシーな柄の着物でした・・・子供用? 噺の方は昨今のゆとり教育をネタにして、なんでもかんでも生徒全員を平等に扱う困った先生の話。 アイロニーがきいてて面白かった♪

 今回は全員ネタ出しだそうで、「ん?」と違和感を感じる箇所もありましたが、さして気にならずに楽しく聞けました。
 二つ目さんを知るには末広亭の深夜寄席と並んで良い落語会ですが、こちらは落語協会所属の二つ目さんしか出演できませんので、見に行かれる方ご注意を。
 私としては、終電の時間を気にしながらの深夜寄席よりも家から近い早朝寄席の方が行きやすいのですが・・・まぁ、日曜の朝に早く起きることができればの話ですけどね(笑)


~おまけ~

 早朝寄席が終わって、天気も良いので秋葉原までブラブラ歩くことに・・・途中、お江戸広小路亭や講談の本牧亭、落語協会事務所の2階で開催の黒門亭などの前を通り情報収集。 途中の店でカレーを食べて秋葉原到着、アチコチ店を冷やかしつつも何も買わない(笑)
 このまま神保町まで行こうかと考えますが、気分を変えて梅まつりを開催中の湯島天神へ、12時を回ってまもないのに出店は全て開いています。 人はまだ、混雑しているとはいえないほどの人出でした、絵馬を書いている人が多いので2月も終わりなのに受験の願掛けかな?と思っていると御礼参りの絵馬を奉納しているのでした・・・願掛けと御礼の絵馬で、絵馬札を掛ける場所は鈴生り状態・・・営業上手いですねぇ(苦笑) 

天神に 絵馬鈴生りの 2月かな

梅林の方では野点がおこなわれていましたが、梅の花は白梅のみがチラホラ咲いている状態で、満開にはまだ間がありそうです。
 賑わう天神を後に、湯島の駅から電車に乗って帰宅・・・

 

|

« 「若手二つ目勉強会」 | トップページ | 「末広亭」3月5日上席・夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/3101155

この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴本早朝寄席」2・27:

« 「若手二つ目勉強会」 | トップページ | 「末広亭」3月5日上席・夜 »