« 「日本講談協会・若葉会」 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」2・27 »

2005.02.23

「若手二つ目勉強会」

2月23日(水) 「若手二つ目勉強会」 日本橋 お江戸日本橋亭

 芸協主催の二つ目勉強会、私はコレで仕事を休みました(笑)

 「日本講談協会・若葉会」が15時30分に終わって開場時間まで、日本橋界隈をウロウロすることに、とりあえず食事をする為に店を探します、なんとなく天丼が食べたいので天ぷら屋を探しますが全て準備中・・・コレド日本橋のレストラン街にも店が入っているので行ってみるとテレビの撮影か何かで店に入れません・・・すぐそばの高島屋で天國のかきあげ丼を食べることができましたが、レストラン街にあまり力を入れてませんね高島屋・・・丸善で本を見たり、タロー書店でブックカバー欲しさに文庫本買ったり(ここのカバーは岡本太郎デザインです)して時間を潰す。開場時間の17時チョイ前に戻ってみると10人ほどの人が並んでました、私も一緒に並んで待つことに・・・。
 木戸銭払って、さっきと同じ席に座り、本を読みながら開演時間を待ちます。

桂夏丸「課長の犬」
 初めて聞く新作です、子ほめに牛ほめをチョット足して現代に舞台を移したような噺(謎)他の人の演じるのも聞いてみたい噺です。

三笑亭春夢「道具屋」
 お雛様の首が抜けたのがサゲでした、なかなか「ダイは?樫です。カネは?鉄です。ネは?ズドーン。」まで聞くことができない噺・・・好きなんですけどねぇ・・・ズドーンってのが。

春風亭鹿の子「秋色桜」
 今回は、短縮バージョンでした。 マクラでの電車内化粧風景は、いつもながら女性のウケがいいですねぇ、今回は特にウケている人がいました。今日は鹿の子さんも、車内化粧だそうです。

三笑亭恋生「幾世餅」
 清蔵のキャラクター、好きです。三月~。

~中入り~

春風亭笑好「酒の素」
 マクラの通信販売のネタでは結構笑いがあったのですが、ネタに入ると少なくなってきました・・・話自体チョット笑わせる力が足りないかな~?私としては、どこらへんで笑わせたいのかよくわからない噺でした。

ローカル岡 漫談
 相変わらず安心して笑えます♪

三笑亭可龍「悋気の独楽」
 前回の深夜寄席に続いてトリで聞きます。 小僧の定吉のキャラクター良いです、ハマってます。

 知らない噺を二つ聞けてラッキーでした、出演者が二つ目だけなのに7割がた座席が埋まって盛況な会になりました。 若い二人連れの女性の会話を小耳に挟んだのですがどうもR-25で落語を知ったリピーターらしいです。
 
 帰りも日比谷線の小伝馬町から帰りました、自宅まで55分! いやぁ、いつになっても新しい発見があるものですねぇ、だから楽しいのですが。 家から直に来る時は、このルートに決定ですね。

|

« 「日本講談協会・若葉会」 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」2・27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/3052770

この記事へのトラックバック一覧です: 「若手二つ目勉強会」:

« 「日本講談協会・若葉会」 | トップページ | 「鈴本早朝寄席」2・27 »