« サクラ大戦新春歌謡ショウ「笑え!花組」 | トップページ | 「唐招提寺展」 »

2005.01.15

「若手あとおし落語会」

1月15日(土) 「若手あとおし落語会・春風亭鹿の子勉強会」 杉並会館 荻窪

 二つ目、前座、若手落語家の勉強会、今回で35回だそうで歴史ある勉強会みたいです。
 関係ないですが、杉並区に目的を持って訪れたのは今日が初めてでして、会場までの道のりは観光気分でした(笑)

 夜勤明けの土曜日、冷たい雨の中JR荻窪駅へ降り立ちます。 初めての土地なので、携帯のGPSで現在位置と目的地を確認してから方角だけ正しい方向に合わせて適当に歩き出します。
 ちょっと大きな通りを避けて細い道に入って行くと昭和初期あたりの古い建物がアチコチと目に付きます、思わずデジカメを取り出して写真を撮りつつ歩いて行きます、いやぁ、ステンドガラスの入っている家なんて久しぶりにみました、窓枠もサッシではなくて木の枠だし、玄関の扉も木製です♪ しばらくウキウキしながらウロチョロと歩き回ってましたが、時間が無いのとさすがに寒くてむき出しの手がかじかんでシャッターが上手く押せなくなってきたので断念、位置の把握しやすい大通りにでてGPSを起動し、目的地へ向かうことにします。
 大通りの商店街はFC東京を応援しているみたいで街灯にフラッグが吊り下げられています、FC東京好きの私には結構嬉しかったりします♪

・・・もう少し暖かくなったら、カメラ持って散歩にこよう・・・

 杉並会館に到着、・・・えっと結婚式場みたいなんですが・・・間違いじゃないか確かめなおした後、おそるおそる玄関をくぐります、すぐに落語会の張り紙が目に止まりホッとしました。 場所は4階だそうでエレベーターで上へ、まだ開場時間に間があるのでロビーの椅子に座っていると、エレベーターから鹿の子さん登場、挨拶を交わします。
 時間になったので木戸銭を払って中へ入ります、パイプ椅子がギッシリ並べられています間隔が狭そうなので、上手側の最前列へ、高座は1m半くらいの高さで、後ろにはサスガ結婚式場というか・・・金屏風が立ってました。
・・・本を読んだりアンケート書いてたりするうちに開演時間です。
まずは開口一番、前座の小まささん・・・高座が高くて天井に頭がつきます・・・汗

春風亭小まさ「新聞記事」
 マクラは、住んでいる場所が近くなので・・・という地元ネタでした。
 本題のほうは、知っていたけど初めて聞く噺でした、30分たっぷり話しての熱演。

春風亭鹿の子「八問答」
 お馴染みのマクラ、しかづくしプラスとりづくし、とりづくし上手くできてます♪そして車内化粧、あいかわらず女性のウケがいいです。
 八問答は、初めて聞く噺、様々なものに8をこじつけていく噺です。 演じる噺家さんの数だけバリエーションがありそうです。
 続いて、日舞「梅にも春」所作がキレイで艶のある踊りなのですが、まっすぐ立つと天井に頭がつかえるので少々かがみながら舞っているのが玉に瑕・・・ボヤキながらも踊ります。

~中入り~

春風亭鹿の子「秋色桜」
 休憩が終わると、鹿の子さんもお色直しで黒い着物に赤い伊達襟が艶っぽいです。 
 マクラは俳句の話、NHK俳壇のテキストに連載していることや、2月12日にお江戸日本橋亭で催す「早春寄席」のこと、趣味で「奥の細道」の足跡をたどっていること等々
 「秋色桜」は講談の話みたいなんですが、笑いをいれて落語にアレンジ?これも初めて聞く噺です。

 終わって、鹿の子さんの手拭いが賞品のジャンケン大会、欲しかったけど一回戦負け・・・・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

 たっぷり噺が聞けて充実した時間でした♪

|

« サクラ大戦新春歌謡ショウ「笑え!花組」 | トップページ | 「唐招提寺展」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/2583168

この記事へのトラックバック一覧です: 「若手あとおし落語会」:

« サクラ大戦新春歌謡ショウ「笑え!花組」 | トップページ | 「唐招提寺展」 »