« 「池袋演芸場」正月初席 | トップページ | 「若手あとおし落語会」 »

2005.01.08

サクラ大戦新春歌謡ショウ「笑え!花組」

1月8日(土) 「サクラ大戦帝国歌劇団・花組新春歌謡ショウ 笑え!花組」 青山 青山劇場
 楽しみにしていた新春歌謡ショウです、朝がたチケットの入った封筒が見つからないであせりましたが無事に発見、開場は12時でしたが売店で買い物するために11時過ぎに到着するように家を出ます。

※ネタバレありです、これから観に行く方は読まないほうがよろしいです。

 青山劇場に着くと既に100人前後の観客が並んでいました少々風があって吹きっさらしの中寒かったのですが、開場時間近くになって太陽が出て暖かくなり助かりました。 開場10分前ほどに恒例の役者さんたちの挨拶が始まりました、中嶋親方、ダンディ団、ゲストの役者さんが行列を挨拶しながら握手して回ります。 私は特に握手しなくてもよかったのですが、目ざとく見つけられ手を差し伸べられてしまったので結局握手しました、いやぁ良くみてますねぇお客さんへの気配りが細かいです。 だから、長い間ショウが続けられるんですねぇ・・・また、サクラ大戦が好きになりました。

 入場して真っ先に売店でお買い物です、今回はHPで見当をつけていた夏の公演の時は目の前で売り切れだった手拭い、公演記念の升、パンフレットを購入・・・席へ移動します。 下手側で前から十数列程の席です、後少し下手側だと舞台の端がみえなくなりそうなギリギリの位置です。

 パンフや本を読みながら待っていると客席中ほどの扉から、掃除人に扮した広井王子が登場、挨拶と観る時の諸注意のあと中嶋親方との掛け合い。

 終わると第一部の開演です。

 オープニングは夏の新西遊記での曲「ユンホァ」のレビュウです、曲が終わるとイキナリ幕が下りて、新春歌謡ショウの終了のアナウンスが、戸惑い気味の客席でしたがアナウンスで爆笑しました・・・そう、ここは平成の青山ではなくて太正時代の大帝国劇場なのでした。 だいたいのあらすじは・・・年の瀬もおしつまった頃、突然、大帝国劇場付の中嶋親方が辞めたいともらした。年のあらたまった新年。かえでや花組の面々は親方の住む長屋に集まって、なんとか思いとどまってもらおうとあの手この手の説得を・・・ダンディ団も加わり、話しはややこしい方向に…はたして初春に花組は笑えるのか?・・・という感じです。
 それにしても海軍士官の服装をしていても大神隊長はベロムーチョにモギリ呼ばわりされるんですねぇ・・・(苦笑)
それと中嶋親方の長屋が、舞台が出てきたりスモーク出たりライト点いたりミラーボール下りてきたりと職業病ですか?(笑)それとも家で一人舞台を演じているのでしょうか?(笑) ダンディ団のボスと中嶋親方の「愛ゆえに」もスゴイモノがありました、いやぁお正月ならではですねぇ♪ 夏の公演に出演していた川岡刑事も再登場で、情けなさに拍車がかかっていっそう笑えるキャラクターに変身です、定着したりして?
 思い切り笑って、ちょっとしんみりして最後は明るくオチがついて第一部終了です。

休憩時間前の紅蘭と桜の3分間ショッピング、今回は2つ「蒸気式エコカイロパッチン君2号」と「浪漫紀行 サクラの湯」・・・カイロ追加で買っちゃいました♪ そーいや今回は「目指せ!完売!」ってセリフなかったような・・・

 休憩時間終わって第二部の開演です。

 第二部の最初は花組が、青山養老院へ慰問で芝居をしにきたという設定で始まります、観客はみんな老人あつかい(笑) 以前ドラマCD化した「あぁ、無情」のダイジェストを朗読劇っぽい演出で舞台化した劇です。 何回かウルウルと来るものがありました・・・

 お次は、楽器じゃないものを使って演奏するという趣向です長い塩ビパイプを持って登場です、てっきり吹いて演奏するのかを思ったら、端っこをスリッパで叩いて音を出すようです、音階はパイプに開けた穴を4人が手で押さえたり放したりして出します。 2曲ほど演奏して最後はゲキテイをヤカンや湯たんぽ等他の楽器?を使って演奏して終了。

 その次は、花組すごろくで公演期間中続けてするみたいです、2チームに別れ二枚目チーム(サクラ、マリア、レニ、かえで)と、三枚目チーム(カンナ、紅蘭、アイリス、織姫)に別れて対戦です、止まったマスに指示されたことをクリアしないとそのマスに進むことができないルールです、上がりもピッタリに止まらないといけないそうでオーバーした分戻ります。 指示はジェスチャーや楽器演奏(アイリスが小さな鉄琴で「希望の星よ」を演奏)モノマネ、歌詞を見ないで完璧に歌う(織姫のサボテンダンスは振りまで完璧に、紅蘭はチャンバラブギの2番)お正月と掛けて・・・(お正月のチョロギと掛けまして織姫と解きます。その心は赤黒い・・・) みんなエキサイトしてました(笑)
今回は上がりのチームは出ませんでしたが、夜の部では出るかな? DVD予約しないと結果わからないなんて商売上手ですなぁ・・・(苦笑)

 さて、ラストはア・カペラで歌う「口ずさむ歌」今回は笑いは無くて、シンミリと・・・

 そして、フィナーレ!もちろんゲキテイです観客全員立って、手拍子と曲の合間にはいる「サクラ!」の掛け声、さびの部分の振り付けは出かける前に復習したので完璧でした(爆)

 最後に、全国のサクラファンに敬礼!をして終了です・・・

 そして夏のスーパー歌謡ショウの予告、ゲームの次回予告みたいにスクリーンで映しだされたとおもったら、1話メのサクラ上京して上野の山のシーンです・・・スクリーンが上がってサクラと人型蒸気脇侍との立ち回りです脇侍が中に人が入っていて動いたのにはビックリ! 立ち回りが終わって、謎の高笑いが場内を流れます騒然とする場内・・・その笑い声はそうです、アノ人の声だったのです!こりゃぁ夏も観に行かないと!

 帰りに、ロビーで揚げ饅頭を売っていたのでまた追加で買って帰りました。 
 それにしても、何も食べて無かったので終わり頃にはお腹が鳴ってしょうがなかったのにはまいりました・・・汗

 やっぱり夏と冬の歌謡ショウは風物詩になってきました、いつまで観に行けるかわかりませんし、いつまで続くかわかりません・・・しかし、いつまでも観ていたい舞台です。

 

|

« 「池袋演芸場」正月初席 | トップページ | 「若手あとおし落語会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/2510793

この記事へのトラックバック一覧です: サクラ大戦新春歌謡ショウ「笑え!花組」:

« 「池袋演芸場」正月初席 | トップページ | 「若手あとおし落語会」 »