« 「丸の内落語会」第5回 | トップページ | 「全生亭」 »

2004.11.22

「しのばず寄席」11月

11月18日(木) 「しのばず寄席」 上野 お江戸広小路亭

 お目当ては、鹿の子さん、神田紅師匠、圓橘師匠のつもりだったんですけど、圓橘師匠は出てないみたいです、東京かわら版には出てたんですけどねぇ・・・

 会場に入ると、先月に引き続き今月もカメラが入っています、スカパーの桜チャンネルの番組だそうで・・・今回もいつもの定位置に座り、コンビニで買ったサンドウィッチをパクつきながら開演を待ちます。

三遊亭橘つき「道灌」
やや緊張気味ながらマクラを話します、他の前座さんはマクラを話さずにネタに入るのですが師匠の方針なんでしょうか?噺で1回つっかえましたがご愛嬌ということで、ガンバレ!

快楽亭ブラッC「千早ぶる」
えっと、名前のわりにはキチンとした古典の話でした・・・失礼かな(汗)

神田織音「三方ケ原軍記より信玄の最後」講談

春風亭鹿の子「俺俺詐欺」新作
小ネタとして使ってた俺俺詐欺がネタに昇格?ミナミをミナベとさりげなく間違えるところは、さりげなさすぎて言い間違えたのかも?と終わりにくるまで心配になったほど(笑)

シリアルパパ コント

三遊亭楽之介「掛取り」
もう年末なんですねぇ・・・・

快楽亭ブラック「タイムヌードル」英訳時そば
アヤシイ外国人登場(爆)本人は日本人と米国人とのハーフなんだそうで・・・ガイジンがアヤシイ英語で落語をするのはそれだけでも面白い、「ギャンブルヌードルプリーズ」「??・・・オウ!カケソバ!!」
ちなみにホントに食べてました「レッドフォックスヌードル」を・・・赤い狐

伊藤夢葉 奇術
すんませんトイレ行きたかったので席はずしてました
で、トイレのあるフロアは楽屋の出入り口と事務所とお茶の飲める休憩所が一緒になっているので、トイレの後でお茶を飲んでくつろいでいると、偶然にも鹿の子さんが楽屋から出てきて挨拶することができました。
後、ブラッCさんがブラックさんの食べ残しの「赤いきつね」(七味をたっぷりかけてたからやっぱり)をトイレに捨てに出てきたりしてました(笑)

雷門助六「初天神」
関係ないですが、弟子の花助さんとは今年の正月初席の池袋演芸場で1対1で噺を聞きました。

神田紅「講談 大つもごり」
樋口一葉の作品「大つもごり」の講談です、そういえば11月23日は一葉忌でした。

立川ぜん馬「味噌蔵」

三遊亭遊吉「化物使い」

春風亭美由紀 俗曲
ぎっちょんちょん大合唱と踊り「キリギリス」

桂伸治「幇間腹」(たいこばら)
 

|

« 「丸の内落語会」第5回 | トップページ | 「全生亭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/2036943

この記事へのトラックバック一覧です: 「しのばず寄席」11月:

« 「丸の内落語会」第5回 | トップページ | 「全生亭」 »