« 「落語と女流お江戸寄席」 | トップページ | 「丸の内落語会」第5回 »

2004.11.22

「しのばず寄席」10月

10月22日(金) 「しのばず寄席」 上野 お江戸広小路亭

 資料無くしてしまったので、日付が曖昧の上、亭号も曖昧ですm(__)m
 落語中心なので眠くはならないだろうという計算のもとに夜勤明けで寝ないままに観に行きました、初めて観る噺家さんが多いので楽しみです。

 十二時開演なので30分前に入ります、平日割引で千円は安い!! ここの寄席の定位置、2列目の下手側の端から2つ目に座り昼食を食べながら開演を待ちます・・・。

べん橋「子ほめ」 
ちょいと上がり気味

快楽亭ブラ房「元犬」

神田織音「花瓶の心遣い」 
新作講談、小学校のガキ大将の思いやり。 聞くのは2回目でしたけどイイ話です。

春風亭鹿の子「当世サラリーマンカラオケ事情」 
題名は私が勝手につけてます(笑)だって、新作だから言ってくれないとわかりませんって・・・いろんな歌を歌ってますが「JUGEMU」わかる人は少なさそう(笑)

ナイツ 漫才 

立川談幸「短命?」 
わかるだろう?なぁ?(謎)

春雨や雷蔵「夏泥」

前田隣 漫談

三遊亭円橘「三十石」 
上方の落語です、初めての噺家さんで初めての噺でしたが、私だけでなく客席全体が噺にひきこまれました。また、この人の噺を聞きたいです。

神田すみれ「白隠禅師」 講談

三遊亭小圓右「味噌蔵」
 
梅介 ギター漫談 セクハラ風味(笑)

三遊亭鳳楽「らくだ」

 初めて観る人が多かったです、初めて聞く噺も多かったし、結構引き込まれて聞いてしまいました大満足な一日でした♪落語でお腹一杯って感じです♪

|

« 「落語と女流お江戸寄席」 | トップページ | 「丸の内落語会」第5回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53614/2036362

この記事へのトラックバック一覧です: 「しのばず寄席」10月:

« 「落語と女流お江戸寄席」 | トップページ | 「丸の内落語会」第5回 »